MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2183] [2182] [2181] [2180] [2179] [2178] [2176] [2177] [2175] [2174] [2173]
金曜日にアグリーなブギーちゃんに乗ってからずっとニコニコしてます(笑)予想と期待の向こうを行くレスポンスだったからです。見た目で判断してはいけないと反省しました。


ボリュームたっぷりの丸いノーズにムネを乗せ体重をかけるようにしながら数回パドルをすると、ボードが波の力で滑り始めているのを感じます。滑っていく方向に波のフェイスが広がっているのを見ながら、体重をかけたままボードにスピードが付くのを待って立ち上がります。ロングボードみたいじゃないですか。

波が掘れているところでは真っ直ぐなロッカーと真っ直ぐなレールをそのまま感じさせるように、スッと走り抜けて行きます。ちょっとアライアみたいな感覚です。波の先でボードの向きを変え、波のカールへ戻ろうとして始めて、テールエンド近く、レールから少し離れた位置に付いているフィンの存在を感じます。

小さめでベースがせまいツインフィンは、大きなキールフィンよりもルースにボードが向きを変えていきますが不安定さはありません。

波の斜面が緩やかなところでは、波に置いていかれそうになるところを波側にゆるやかに体重をかけつづけているとボードの重量も手伝って、波の力を無理なくとらえてスムースに斜面を滑り降りていきます。掘れたところほどのスピードはありませんが、フラットなボトムが波の斜面を滑るグライド感が伝わってくる気持ちいい瞬間です。

そんな風に波にあわせつつトリミングを繰り返しながら波をインサイドまで乗っていってプルアウトした瞬間の気持ち。沖へパドルする顔に締まりがなくなります。

スピード、スムースさ、グライド感、ツインフィンの特性をいかしたクイックなターンも面白い。特別な感覚を作り出しているのはこのボードの、ロッカー、レール、ボトム、フィンの形状とセッティングの位置、ボードの重量、ボリューム、浮力など他のボードとはちょっと違う要素が組み合わさっているからだと思います。

大げさじゃなく、こんな楽しいボードはなかなか無いと思います。アイ ラブ アグリー ブギーちゃん、プリモに続くヒット作になりそうです。

ニコニコしているのはもうひとつ理由があります。シェイプが終わったばかりのニーボード。

シェイプはもうイメージしていたとおり120%くらいにばっちりカツさんが仕上げてくれました。クアッドフィンの組み合わせとフィンの位置、レールのエッジ、ボトムのコンケーブ形状は自分的には新しい、いままでに無いニーボードです。するなと言われても期待しちゃいます。

ニーボードはマニアックですが、BOOGIE TWIN FINはミニやソープスリッパーのように多くの人が楽しめるモデルになると思います。波乗りだからあたりまえですが、滑ってるぞ~ということを強く感じさせてくれる楽しくて気持ちよくて速いボードです。





この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!