MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2194] [2193] [2192] [2191] [2190] [2189] [2188] [2187] [2186] [2185] [2184]
ある方に70年代のサーフムービーのVHSビデオをたくさんいただいたので、ストレッチやローラーをやりながら1本ずつ順番に見ています。この時代の映像に登場するのは、なんといってもハワイ。ロングボードが主流の時代が終わって、オーストラリアやハワイアンサーファーらによるノースショアアタックの映像が強烈です。

何本も見ていると登場してくるポイントもサーファーも使われているサーフボードも、どのビデオもだいたい同じなので、さすがに食傷気味になってきたりもしますが、あの強烈な波に乗るためにデザインされるとどのサーフボードも同じような形になってくるのはあたりまえの結果だと思います。

レールはぶ厚そうなカマボコ型のダウンレール、ノーズ寄りにアウトラインのボリュームがあって、ボードの厚みはロングボードの時代の思想がまだ残っているのか、かなりの厚みがあります。長さは、ヴィンテージボードのオークションの資料などから想像するに、7.2くらいから長いものでは8.0くらいありそうです。パイプライン用は短めで、サンセットガンの方が長めみたいです。

テールはシュッと細いピンテール。ジェリーロペスの本を読んでいると、パイプラインでは9インチ幅のテールが調子よく機能したとあったので、踏むと足もはみ出しそうな細さだったと思います。そしてフィンはすべてシングルフィンです。

波のパワーも凄いのだと思いますが、当時のトップサーファーたちはそんなボードで凄い動きをしています。波のボトムから一気に加速しながら波を駆け上がって、ほんとにシングルフィン?と疑わんばかりのカットバックをして凄いスピードで戻ってきます。

カリフォルニアではハワイほどは強くない波用にフィッシュが作られ、ボンザーも産声をあげていた同じ時代です。ハワイだけでなく、それぞれのポイントの波に合ったサーフボードのデザインが作られていたはずですが、ロングボードの時代から70年代に入っていきなり(かどうかは不明ですが)あの強烈な波とサーフィンを見せられてしまったら、他はかすんで見えてしまったのではないかと思います。



波は明日の午後から上がってきそうです。風向きも大丈夫そう。行きたいですが午後は、仕事だなあ。木曜の朝に残ることを期待します。

70年代のビデオのインパクトがあまりにも強いので、日本スペシャルのシングルフィン7.3のプリモに乗りたくなってしまいました(笑)


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!