MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2193] [2192] [2191] [2190] [2189] [2188] [2187] [2186] [2185] [2184] [2183]
埋め込みができないのでリンクです。ロマノスキーニーボード本領発揮のニューポートビーチのウェッジです。
http://youtu.be/Mvy6OFF7IAk
いくら掘れた波が得意なニーボードでもこれは恐ろしい…。

新しい4フィンのニーボードができてくることもありますが、いつになくニーボードに入れ込んでいます。海に行くときには必ず車に乗せていて、スタンディングとニーライドの両方を楽しんでいます。

なんと言えばいいのか…、昨年の秋ごろから改めてニーボードの面白さに目覚めてきたような感じです。

それはたぶん、ニーボード独特のヒザ立ちでのライディングでの感覚じゃないかと思っています。

ヒザから下の足をボードに付けてボードを操るときの感覚、と言えばいいのか…とにかく自分の身体とボードとの一体感を強く感じることです。自分の身体の動きに合わせてレールやフィンが波に食い込みながらターンする感覚やスピードを持って海面を滑っているときの感覚を以前よりも多いに感じるようになったような気がしています。

低い重心から体重をしっかりとかけていけいるので、波からのレスポンスの感覚もその分強く返ってくるのじゃないかと思います。腰サイズの波でもうまくやればフルレールでのターンがブレずにできてしまうのはニーボードならではの面白さだと思います。なんだかいろんな動きのひとつひとつが気持ちいいです。

パイポに座って乗ったのがニーボードの起源?こんな風に海と付きあっていけたら素敵です。


次の波は木曜か?風次第ですが、期待しています。


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
パイポでニーライド、ピュアで楽しそう!
tomo 2013/02/26(Tue)19:10:49 [編集]
無題
おっちゃん、楽しんでますよね!見習いたいです。
menehune 2013/02/26(Tue)19:54:19 [編集]
Visitor Map
Create your own visitor map!