MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2270] [2269] [2268] [2267] [2266] [2265] [2264] [2263] [2262] [2261] [2260]
久しぶりにクラシカルなロングボードに乗った余韻がまだ続いていて、身体から離れません。思い浮かぶのはまず滑り出し。波の緩い斜面を滑り出し、前に突き出しているノーズの下を海面が流れていく様子とスピード感。

波のボトムに降りながらのファーストターンをイメージしつつ、ボードにしっかりとスピードが付くのを待って立ち上がり、イメージ通りのターンをしたときに目の前に広がる波のフェイス。

想像しただけで最高でしょう(笑)

ボードがクラシックな作りであればあるほど、身体の動きにも力が入りますが、力が入るのはおヘソから下だけ。上体も使うけれどあくまでも動作のきっかけとバランスをとるためで、リラックス。

短いボードの動きと比べると、一見ただボードの上につっ立っているだけに見えるかもしれませんが、前に歩いたり後に戻ったり、レールを入れたり抜いたりと結構忙しく身体は動いています。たまに言われますが、けしてボードに乗せられているわけじゃありません。



ノーズライディングはロングボードの面白さのひとつですが、こんなホットドギングも面白い。クラシックボードならではの動きです。64年ミジェット・ファレリー。なかなかできるものではないと思いますが、できたらかっこいい。ノーズライドと同じように取り組んでみたら絶対楽しさ広がります。



クラシックなロングボード。レールもボトムも丸く、エッジはなくてロッカーは弱め、大きなフィンのシングルフィン、そして大事なのはしっかりとした重さです。これらが特有のグライド感とライディングのスタイルを生み出します。マニューバのスピードを楽しみたければミッドレングスのボードやフィッシュに乗ればいいんです。楽にテイクオフできて、軽快に動き回れます。

やっぱり私の根っこはロングボードか。でも短いボードもずっとやってきて、最近はBOOGIEが面白くてたまんないし、どっちも楽しめるようになったってことですかね?

しかし、しばらく波乗りできてなくてちょっと腐りぎみだったのが、ちょっと海に入っただけでこんなにウキウキしてしまうなんてやっぱり波乗りは最高です。

これはクラシック過ぎるか。でもかっこいい。




この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!