MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2316] [2315] [2314] [2313] [2312] [2311] [2310] [2309] [2308] [2307] [2306]
なんとなく梅雨の終わりごろみたいな天気図じゃないですか?週間波予想はものの見事に外れました。波は無いし、ヒマなのでサーフボードのことをあれこれと妄想しています。

ネットで海外の有名シェイパーさんのブログやいろんなボードデザインのサイトを見ていて気になったのが、EEVというボトムデザイン。モーリス・コール氏が考案したボトムデザインでトム・カレンが乗っていたというボトムのシェイプです。リバースVEEとも呼ばれて、ノーズ側のエントリー部分がVEEで始まってテールにかけてフラットかゆるいコンケーブで抜けていくというボトムデザインです。

フラットやコンケーブでエントリーしてテール近くはVEEになっているのが一般的だったのをひっくり返した(リバース)ので、リバースVEEです。前方がVEEなので前足でボードをコントロールしやすく、テールのフラット(またはコンケーブ)でドライブさせるという理論で当時、画期的だったボトムデザインです。

このボトムが出たころには、まだ駆け出しロンガーだった私はもちろんどんな感じか分かりません(詳しい方、教えてください。)

どうしてこれが引っかかったのかと言いますとこのボトムデザイン、フィッシュみたいじゃないですか?そしてもっと言えば、ミニシモンズです。もちろん全てではありませんが、フィッシュはノーズVEEでシングルコンケーブへと抜けていくシェイプが結構あるし、ミニシモンズはVEEではありませんが丸いドーム型のノーズからコンケーブボトムのシェイプだと思います。

ショートボードのデザインですが、私が普段乗っているノーズ幅が広いボードにもフィットしそうな感じです。例えば今考えているトライフィンのMINI2です。MINI2はプリモと同じ(MINI2がオリジンです)シングル~ダブルのコンケーブで、ハルっぽくボトムからまくったレールと組み合わせてトライコンボと呼んでいるボトムですが、EEV(リバースVEE)にしたら面白いボードになりそうです(イメージとしてはオールコンケーブよりも軽く動いてくれてドライブしてくれる…みたいな感じ)

これはもう、カツさんに相談ですね。

しかし今気が付いたんですが「EEV」って、頭文字を並べたのではなくてVEEの逆さま?つまり、そのままリバースVEEということなんでしょうか。なんか面白いです。

そして最近はまた、コンケーブボトムも気になっております。





この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!