MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2341] [2340] [2339] [2338] [2337] [2336] [2335] [2334] [2333] [2332] [2331]
見たい見たい見たい見たいとずっと思っていましたが、強く念ずればかなうものです。ボードの方からやってきてくれました。T・フィッツジェラルドのドリフタです。Mさん、ありがとうございます。

そんなボードだけに手にしただけでもうドキドキです。アウトライン、ロッカー、ボリュームのバランス、レールの形、ボトムのシェイプ、フィンのセッティングもろもろ。サルタン オブ スピードと呼ばれていた人のボードのシェイプはこんななんだと、興味津々です。

そうやって撫でたり、さすったり、少し離れて眺めたりしていましたが、とっくに気が付いていました。

カツさんがシェイプしてくれた、ダイアモンドテールのシングルフィンに良く似ています。フラットなロッカー、ノーズからテールへのボリュームのバランス、レールの形とボリュームなんかはもうそっくりです。

カツさんのダイアモンドテールのシングルフィンを人に見せると大抵の人は、レールのボリュームに驚きます。こんなに厚くて大丈夫なの?って聞かれます。でもこのT・フィッツジェラルドのドリフタのノーズからセンターへかけてのレールのボリュームはまさにそれです。見慣れないボリュームかもしれませんが、デッキを踏み込んだときのレスポンスはこのボリュームがゴキゲンなのです。

レジェンドと呼ばれることをカツさんは嫌いますが、クラシックなシェイプを「これがいいですよ」とポンと出してくれるあたりは、こっそりレジェンドと呼ばせてもらっていいと思います。

よーく滑るモデル、ソープ・スリッパーが出来てきました。オーダーいただいた方は、これまでも同じ長さのソープ・スリッパーに乗っておられましたが、調子いいので同じサイズ、同じ形で作ってくださいと嬉しいご依頼をいただいてお作りしました。Aさん、新しいソープ・スリッパーで思う存分滑ってください。


シングルもフィッシュも見ていると波乗りしたくてうずうずしてきます。今朝はそろそろ少し動いてみようと、ウォーキングをやってみましたが2.5キロ、50分で限界。まだまだ情けない状況ですが、頑張ってカラダ必ず復活させます。

まずはウォーキングと腹式呼吸のドローインからスタートです。お尻の指圧に中山式も買うかな。


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!