MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2344] [2343] [2342] [2341] [2340] [2339] [2338] [2337] [2336] [2335] [2334]

以前のブログでご紹介した、廃棄物をリユースしたサーフボード。リユースで作った材料はフォームです。魚屋さんに行くと氷水と一緒にサカナが入っている発泡スチロールで出来た、いわゆるトロ箱というやつです。

あれを集めてきて四角に切り、ウッドフィンに使うマリンプライウッドを挟み込んでストリンガーにしてブランクスを作ったそうです。

縦に線が入っているのは接着面です。いろんな色の線があるので接着剤に色が着いているのかと思ったら(クラッシックなボードにもよくフォームにグルーラインが入っているのがあるでしょう?あれです。)接着剤(グルー)ではなくて四角く切ったスチロールの板の面にそれぞれ色を塗ってから貼り合わせたんだとか(映像の中でやってますね)

そうやってブランクスを作って、シェイプしてエポキシ樹脂でラミネートして出来上がったのがこの「トロ箱」ボード。何度かテストをして、ウッドのキールフィンを低いものに換えて、最終的には小さなセンターフィンを加えて性能的にも完成したようです。



素材だけを考えれば、EPSボードと同じ理屈です。ブランクスを貼り合わせて作った分、EPSとは思えないくらいの重量がありますが、その分よく走りそうです。まあそういう普通のボードに対する発想とは違うベクトル上にあるボードですが…。

次作はライディングの映像待ってます。


replay #02 surfboard promo from NINJIN LAB on Vimeo.



リユースボードかっこいいですが、残念ながらオーダーは承っておりません。




この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!