MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2535] [2534] [2533] [2532] [2531] [2530] [2529] [2528] [2527] [2526] [2525]
ロングボードでサーフィンを始めた私ですが、ここ数年はオルタナティブボードと呼ばれている「短いボード」ばかり乗っていました。先日、久しぶりにロングボードに乗りたくなって新調したクリステンソンのPIGでパドルアウトしました。

コシくらいのメローなコンディション。波の緩い斜面を気持ちよく滑り出すテイクオフを思い浮かべて、内心ワクワクしていたのですが見事に波に乗れませんでした。ボードが滑り出さないんです 笑。波が立ち上がってくればもちろん乗れます。でもそれじゃロングボードらしくありません。どうやってたっけ?と考えていましたが、その数日後。波がさらに小さいときに気がつきました。

緩いうねりから乗るには最初から力を入れてパドルしなくちゃいけないのです。

当たり前ですがしばらく離れていたので身体が忘れていたようです。ロングボードは加速が遅い。つまり、重たいロングボードはスピードが付くまでに時間がかかります。緩い斜面はボードにスピードが付いていないと滑り出しません。波が自分のところへ来たときにはボードはトップスピードで進んでいなければ波に乗れないのです。

そんなの当たり前ですよね。でも短いボードだと違います。短いボードはパドルを頑張ってもロングのようなスピードは出ません。でも軽いのでトップスピードに達するのは速い。どのみちロングのようなスピードは出ないので、ロングボードのように最初から力を入れてパドルはしません。緩い斜面からのテイクオフは無理です。軽いパドルでタイミングを合わせ、波が立ち上がって持ち上げられる直前からパドルに力を入れ、パドルのスピードをトップに持っていきます。短いボードのテイクオフはこんな感じです。

ロングボードに乗れなかったのはこれをやっていたからです。ロングボードは加速が遅いのでパドルのタイミングがそれでは遅く、スピード不足で緩い斜面に滑り出すことが出来なかったのです(ロングボードのテイクオフなんて楽勝…とあなどっていたかもです)

そう気が付いたら逆のパターンもあるんじゃないかと思い始めました。例えばこんな風。

ロングボードで波乗りを始めて、最近短いボードに乗り換えたAさん。うまく波をキャッチできたときには調子良く乗れるけれど、いまいちテイクオフが安定せず、波を滑り降りたのはいいけれど、スピードが出すぎたボードの上で体勢が整わずひっくり返ってしまったり、なんとかこらえたものの、すでに波の先まで出てしまい、右へも左へも行けず、スープにつつまれてライディング終了。

ボードが短くなると、どうも上手く乗れなくて…と、たまに相談されますが、きっとこんな感じじゃないかと思います。パドルの力加減の違いによる間違いです。これはまさに私がロングボードでやっていたのと逆のパターンです。

短いボードはパドルが遅いのでロングボードのように緩い斜面からのテイクオフは無理です。遅い分、波の力を利用します。つまり波がもっと立ち上がったところから滑り出します。ロングボードに乗っていた人にとってはレイトテイクオフのタイミングに近いと思います。ロングボードのレイトテイクオフ。パドルはあまり必要ありません、ロングボードは急な斜面を滑り降りるので、パドルもそこそこに立ち上がって、パーリングを回避します。

短いボードのテイクオフが安定しないロングボーダーはこのレイトテイクオフの感覚が残っているんじゃないかと思います。波が来る前からしゃかりきになってパドルして、波に持ち上げられて、もうちょいパドルしなくてはいけない場面で立ち上がろうとして、結果は乗り遅れるかワイプアウト。なんとか立ち上がっても先に書いたAさんの失敗例のテイクオフになります。「波を滑り降りる」のではなく「滑り落ちて」います。

海の中で他の人のテイクオフを観察してみてください。テイクオフするとき、波は切り立っていてもボードはライディングの角度になっているはずです。レールが入っています(もしくはこれからレールを入れることをイメージしています)「滑り落ちる」のでは無く、コントロールしながら「滑り降りて」います。「滑り落ちて」いる人のボードはボトムへ向かって真っ逆さまに近い状態です。

パドルでの加速が速い短いボードはロングボードのテイクオフとは力の加減が違います。波の力を利用する必要もあります。パドルでタイミングを合わせながら、ここぞというときにパドル筋を大いに使ってパドルし、ロングボードだったらもう立たなければ、という場面になってもボードが滑り出す感覚があるまでグッと我慢。ロングボードじゃないので大丈夫です。レールを意識しながら立ち上がれば、ボードをコントロール下に置いて滑り始めることができます。

色々なボードに乗れるとサーフィンの楽しさも何倍にもなります。器用な人や、センスがいい人は自然とできてしまうのだと思いますが、私のように努力だけで成り立っているサーファーにとっては、こういう風に理屈で切り替えていかないとロングボードなのに乗れない…ということになりかねません(実際なったし 笑)。

もう絶対ロングしか乗らない、ショートボードしか乗らないというなら必要ないことですが、いろんなボードに乗って楽しみたいなら、切り替えのスウィッチのひとつとして意識しておいていいんじゃないでしょうか。ロングボードと短いボードでは身体の使い方も違ってきますが、まずは波に乗れないと話は始まりません。プラスしてライディングの感覚をそれぞれいつもイメージするようにしておけば、いろんな種類のボードを乗り換えて楽しめます。ボードの乗り換えのちょっとしたティップになればうれしいです。

私が気が付いたこと、というのはこんな感じですが、実はもうひとつあります。それはロングボード。ロングボードはとにかく楽しまなくちゃいけないということ。ロングボードやってるときには、こいつアホかと思われてもしょうがないくらいの笑顔で沖へ戻っていくことにいたします(まあ何に乗ってても楽しくてしょうが無いんですけど、ロングボードは特に!)

それから人のライディングを見ても笑顔!




この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
すごくわかりやすい!!
かなりためになりました。 私はEPSの軽いボードと重めのボードでテイクオフのタイミングの違いに悩んでいたのですが、今回の説明ですっきりしました。
次回の記事も楽しみにしております。
Hiro 2014/05/07(Wed)11:02:19 [編集]
Re:無題
>すごくわかりやすい!!
>かなりためになりました。 私はEPSの軽いボードと重めのボードでテイクオフのタイミングの違いに悩んでいたのですが、今回の説明ですっきりしました。
>次回の記事も楽しみにしております。

ありがとうございます。お役に立てればうれしいです。「短いボード」をEPSの軽いボードに置き換えてもあてはまりそうですね。次の現場(海)でお試しください。
【2014/05/07 13:34】
無題
こんばんは。この記事楽しみにしてました。この前、お店で聞いて、昨日は峰で短いのを検証しながら乗りましたよ。あれこれ試しながら上手くいくと嬉しいですね。おかげで楽しめました。
hash 2014/05/07(Wed)19:15:25 [編集]
Re:無題
>こんばんは。この記事楽しみにしてました。この前、お店で聞いて、昨日は峰で短いのを検証しながら乗りましたよ。あれこれ試しながら上手くいくと嬉しいですね。おかげで楽しめました。

違うボードに乗るときに、身体とあたまの切り替えが早くなると思います。何でもそうですが、最初から滑り出しがいいと気持ちもいいもんです。
【2014/05/09 17:06】
無題
私の様な一般サーファーがショップに期待するのは出来るだけ多くの情報。扱ってるボードが様々な状況下でどんな特徴があるのか…より多いリアルな実体験が聞ければそれぞれの波乗りライフが豊かになります。今後もよろしくお願いします!
いりくら 2014/05/10(Sat)21:40:38 [編集]
Re:無題
>私の様な一般サーファーがショップに期待するのは出来るだけ多くの情報。扱ってるボードが様々な状況下でどんな特徴があるのか…より多いリアルな実体験が聞ければそれぞれの波乗りライフが豊かになります。今後もよろしくお願いします!

どうもありがとうございます。
HOW TO本のように「こうやりなさい」では無くて、ご自分の個性やスタイルにあわせて考えるための糸口にでもなれたらいいと思ってます。それでみなさんの波乗りが楽しくなれば嬉しいです。
【2014/05/11 15:18】
Visitor Map
Create your own visitor map!