MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2536] [2535] [2534] [2533] [2532] [2531] [2530] [2529] [2528] [2527] [2526]
お知らせ:5月10日(土)は都合によりお休みいたします。ご迷惑をおかけしても申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

波乗りしたくて仕方ありませんが、波がありません。予報では来週の火曜、金曜あたりに変化が出そう、ロングボードでも短いのでも(ニーボードでも)いろいろと試してみたいことがあるのです。

ひとつはカットバック。今年の冬、6.6のダブルエンダーに乗っていて身体の使い方のイメージがそれまでと変わりました。ダブルエンダーよりはずっと柔らかいレールのプリモでも、同じくいい感じで戻ってくれます。

ロングボードでは体重の乗せ方が少し違いますが、そのイメージを取り入れてみたらやっぱりいい調子です。

うまく説明はできませんが、変わったところは後ろ足にかける体重の配分と、かかと側での踏み込むときの感覚です。身体の後方へ体重をかけている時間が長くなっているように感じています。後ろ足で後ろへ戻るきっかけを作ろうとしていたイメージから、腰から下(?)と両足を使ってきっかけを作るイメージに変わっていると思います。

変化のきっかけは何だろうと自分なりに考えてみました。

去年は夏にギックリ腰をやって10月まで波乗り出来ず、復帰してからは2月いっぱいくらいまでニーボードをやっていました。それからダブルエンダー。

普段のレーニングで変わったことといえば腹筋ローラーのやり方ぐらい。医者に言われた通り、身体を伸ばして前方へローラーを出した状態を数秒間キープする負荷に変え、曲げ伸ばしの回数を減らしました。11月ごろからずっとその方法です。

もしかしてこれが良かったのか?

もうひとつ考えられるのは、ダブルエンダーです。この身体の使い方をすると、ほとんどスピードが落ちないような勢いでボードが戻ってくるのです。これが面白くて身体の使い方もクセになってしまいました。このときの記事でごわす。

たぶんちょっとばかし体幹が強くなったところに、ダブルエンダーがきっかけをくれた…。そんなところか?

実証してみるために、体幹のトレーニングを少し増やしています。ツインフィンのブギーでもぜひ試してみるべきですね。回転性が高いので余計に変化を感じられるはずです。

ロングボードでテイクオフできなかったりと(笑)波乗り面白いです。楽しみはつきませぬ。


こんだけ潜っていられたら…。





この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!