MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2537] [2536] [2535] [2534] [2533] [2532] [2531] [2530] [2529] [2528] [2527]
私がロングボードでサーフィンを始めたということは何度か書きました。一番最初のボードは、9フィート。知り合いのツテで作ってもらった無印のボード。そのボードで波を上下になんとか動けるようになって、二本目に手に入れたボードがホビーでした。9.4のフィルエドワースモデル。クリアの3ストリンガーでウッドのテールブロックが付いている、当時の私には過ぎたボードでした。

どうしてホビーだったかというと、もちろんエンドレスサマー(笑)かっこいいじゃないですか、ロバート・オーガスト。

だから宝物でした。もっと上手になってから乗ろうと夢見ながら、部屋に飾って毎日眺めていました。

海ではハワイのCLASSIC SURFBOARDSのトライフィンで練習していました。8フィートちょうどでした。そのボードでマニューバを練習しました。レールが波にしっかりと入って、始めてバックサイドへ滑ることができたときのことは今でも覚えています。

長い間、クラシックなシングルフィンばかり乗っていましたが、短いボードに乗り換えてすぐにマニューバが出来たのはこの8フィートのボードで練習していたおかげです(このくらいの長さが初心者の方にはオススメです。扱いやすい8フィートくらいのボードで基本を練習して、ボードの長さを変えていったほうがいいのです)

話が反れましたが、そうやって自信が付いてから海へ持ち出したホビーのボードは格別でした。シングルフィン、ソフトなレールの柔らかな乗り心地。このボードを軽自動車のルーフにくくりつけて、いろんなところへ行ったものです。

ホビーといえば、ウレタン製のフォームボードを最初に市場へ送り出した人物として知られています。サーファーズ・ジャーナルの日本版の最新号にホビー・アルターとグラビー・クラークの話が出ていますが、それまでサーフボードの素材として使われていたバルサに代わって、発泡ウレタンの可能性に気が付き、発泡させるモールド(型)を開発し、ストリンガーを補強として入れる現在のフォームの原型を作り出した、サーフボード生みの親的人物です。

そのストリンガーに関してのクラーク氏のコメントをそのまま書き出してみます。

ファーバーグラスで覆われるフォームにこめられるストリンガーの役割について、当時、そして今なお誤解が残っているという。当然ながら、それはボードの剛性を高め、折れにくくさせている。しかしそれは多くのサーファーの想像とは異なる形でボードに強度をもたらすとクラークは説明する。

「中央にストリンガーを入れ、ブランクスの両面にファイバーグラスを巻くことで、いわゆるアイビーム効果が得られるんだ」トップとボトムを覆うファーバーグラスの層が細長い木片と接合することでサーフボードの断面上に形作られる「I」字型構造のことである。「その形状こそがボードに真の強度を与えている。ホビーはそういったことまですべて設計思想に織り込んでいたのさ」
SURFER'S JOURNAL #23 vol.1 P58より
これを読んだとき少なからずショックを受けました。例えれば、家を作る大工が家を支える梁や柱の役割を知らずに家を作っていたようなものです。

アイビームというのは、Iビームと書いた方が分かりやすいように思います。エ型をした鉄骨がありますが、ストリンガーとグラスがこの形を取ることでバルサに代わる新素材のウレタンフォームの強度を出そうと考えていたのです。

ホビー氏がいなければ、いまの私も、ショートボード、ロングボードを問わずみなさんが使っているサーフボードも違った形になっていたかもしれません。

あらためて、R.I.P. HOBIEの思いです。







この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!