MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
5 7
14 16
19 21 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(11/10)
(11/09)
お大事に(返信済)
(11/02)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2572] [2571] [2570] [2569] [2568] [2567] [2566] [2565] [2564] [2563] [2562]
ボトムターンのお手本ふたつ。



シングルフィンのバックサイドでのボトムターン。前回、波が上がったときにバックサイドへ行ったら、テールを踏みすぎて失敗ばかり。この日です。

テールを踏みすぎているというよりは、フェイス側へ上体を開きすぎているからではないかと、なぜか急に英語でsuppositionしてみて、この人みたいにやってみようと思います。

何度か、このブログでカットバックでの「身体の使い方」と言っていますけど、このボトムターンと通じるところがありそうだといま思いつきました。

以前は(フロントサイドのカットバックで)ボードを波の上に持っていきながら、上体を戻る方向へとひねりつつ、ターンのきっかけを作っていましたが、いまのやりかたはまず背中側に身体を倒しつつレールを入れてターンのきっかけを作り、大きく回りたければそのままの体勢をキープ。急激に回したければ、レールを入れて回っている最中に背中側へ身体を開いていくと、自然とテールを蹴る感じになって、ターンが鋭角になります。

あ、ずっとうまく書けなかった「身体の使い方」ってこれかもしれません。次回、現場でバックサイドのボトムターンとともに確認してみます。

もうひとつのボトムターンはこれです。

VEEボトム…



フィン完全に抜けてますけど、この後どうなりましたか?と聞いてみたいお手本です。ハルみたいな体重のかけかたのようです。

しかし、いったいどうしてこんなVEEボトムのボードを作ったのか、(昔と違って)今ではすっかり懐疑的な私ですが、フィンが届けばすべては明らかになることでしょう。

さて、今日はVEEボトム用ではありませんが、フィンが届きました。

ノーズライダーに良さそうなピヴォットタイプのフィンです。


金曜に届くロングボードに合わせて送ってもらいました。何が届くかは、明後日のお楽しみ、ということで…。

明日はなんとなく波ありそうですが、、、、ロングボードかな~?


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!