MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2
7 9
14 16
21 23 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
(05/10)
(05/03)
無題(返信済)
(05/02)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
54
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2574] [2573] [2572] [2571] [2570] [2569] [2568] [2567] [2566] [2565] [2564]

クリス・クリステンソンがシェイプするクラシックロングボード、ボネヴィルをサイトにアップロードしました。

長さは9’6”。カラーはクリアでウェットサンディングフィニッシュ。濃い色のレッドシダーストリンガーとデッキパッチがアクセントになったシンプルな外観です。

ボネヴィルの大きな特徴は、アウトラインとボトムにあります。

テール幅を広めにとっているので、センターからテールにかけてのラインがよりパラレルに近づいて、広めのテールとともにノーズライド時の安定感を出しています。

ボトムはフラット基調です。多くのクラシックロングボードに見られる、丸いドーム状のボトムではありません。もちろんフラットではなく、ノーズにはコンケーブが入っていて、テールにかけては緩いVEEが入っています。

ボトムがフラット基調のため、レールはソフトレールですがボトム側に若干ボリュームがあるシェイプになっており、ノーズやトリムでのコントロール性を高める意図を感じさせます。

スムースでキレのいいクラシックスタイルでのロングボーディングを連想させるシェイプが、ボネヴィルの特長です。クリステンソンはミッチ・アブシャーとこのモデルを開発したそうですが、まさにミッチのサーフィンのイメージがそれです。

ボードはボネヴィルじゃありませんがこんな…。


ボネヴィル、ホームページをご覧ください。クリステンソン、これからも少しずつ入荷してきます。



実はこういうボトムとレールのロングボード、以前にカツさんに削っていただいたことがあります。接水面がフラット基調なせいか、グライド感がとてもあります。丸いボトムで50/50レールのクラシックボードに比べると反応が良く、体重を乗せると柔らかくスムースに反応してくれます。




この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!