MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
5 7
14 16
19 21 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(11/10)
(11/09)
お大事に(返信済)
(11/02)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2576] [2575] [2574] [2573] [2572] [2571] [2570] [2569] [2568] [2567] [2566]

6’6”のダブルエンダー。デッキを凹まさない私ですが、このダブルエンダーは凹ませています。前足、後ろ足を乗せていると思われるところが凹んでいます。デッキのラミネートは6オンス二層です。

あんまり凹まさない私が、どうしてこのダブルエンダーのデッキは凹ますのか?

凹むということはデッキに圧力がかかっているということです。デッキを踏む力とボードの浮力が反発し合っているからです。

このボード、乗ると自然とレールが入ります。以前のブログで書きましたが、こういう仕組みです。意識しないでも勝手に入っちゃうのです。

たぶん、凹むのはこのせいだと思ってます。

レールをより強く感じるということは、それだけボードからレスポンスがあるということです。そして、レスポンス良く敏感に反応してくれるので、より強く踏み込むような動きをするようになって…という相乗効果が生まれた結果の凹みです。

自然とレールと使ってしまうボードということは、身体の使い方や体重の乗せ方など、レールを使うサーフィンに矯正されているということです。春先から言い続けている、自分の身体の使い方が変わったのはこのボードに乗り始めてからです。

このダブルエンダーに乗っていて、他のボードに乗るとなんだか調子いいのです。シングルフィン(プリモ)だけでなくフィッシュもです。これまでフィッシュに対して持っていたイメージが変わったくらいです。過去ブログ

ダブルエンダーは、大リーグボール養成ギプスならぬ、レールサーフィン養成ボードみたいなものかもしれません(ギプスみたいに苦しくはありません)

調子いいシングルフィンが欲しい人、サーフィンを調子よくしたい人にはダブルエンダー、おすすめです。自分自身で強く実感しております。

あー、波乗りしたい!

久しぶりに食べ物ネタはこれ、冷や汁。

栄養ばっちりで冷たくてさっぱり食べられます。暑い夏の朝にはぴったりです。




この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!