MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2589] [2588] [2587] [2586] [2585] [2584] [2583] [2582] [2581] [2580] [2579]

まだ一週間先ですが、来週には次の台風ができそうです。この予想だと、木曜くらいからうねりが入りはじめて、週末は本格的な台風スウェルになりそうです。

昨日は、朝の6時ちょっと前に海に着きました。途中の道のりはいつもよりクルマが少なくて、のんびりスムースに走ってこられたのですが、海岸線に出たら雰囲気が一変しました。

Uターンしようとしてバックで出てくる車、歩道に半分乗り上げて停車している車、駐車場の入り口には空き待ちの車列が…(待ってても当分空かないんじゃないかと思います)

海岸沿いの道路の異様な熱気に、それまでのんびり気分で走ってきたのが、急に目が覚めました。隣のビーチに差し掛かってさらにびっくり。凄い数の人が海に浮いてます。朝の6時に突然お祭りが始まったような気がしました。

当然のごとく、自分の車を止めるスペースもありません。人も車も満杯で、波乗りできそうにないから私は遠慮して、もう帰ろうかなあ~と海岸線を右往左往していたら、運よく空いたスペースを見つけて車を停めることができました。

さらに運が良いことに、ムネ・カタくらいでしたがパワーを感じる波で、波の取り合いも無く自分のペースでじっくり楽しむことができました。

インサイドに見えているビーチではたくさんの人がサーフィンを楽しんでいましたが、こんなことが起きていたとニュースで見て驚きました。言われてみれば、救急車のサイレンが聞こえてきたのを思い出しました。

サーフボードに衝突 サーフィン中の33歳女性が重体 神奈川・鎌倉
2014.7.8 17:43
 8日午前7時50分ごろ、神奈川県鎌倉市の材木座海岸沖で、サーフィンをしていた同県茅ケ崎市南湖の美容師の女性(33)が、スタンドアップパドルサーフィン中の鎌倉市の40代の男性のサーフボードと衝突。女性は頭を強く打ち、病院に搬送されたが意識不明の重体という。

 県警鎌倉署によると、女性は事故当時、ボードに腹ばいになり、水をかくパドリングをしていた。男性は「サーフィンをしていて、気が付いたら女性がいた」と話しているといい、同署で事故原因を調べている。
MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140708/dst14070817430022-n1.htm

悲しい事故です。なんとか元気になって欲しいと心から思います。


写真は今年の3月。昨日、今日と同じくらいのうねりが来た日です。この日は、昨日は全く近づけなかったポイントで静かに波乗りすることができました。

台風のときにはいつもと違う波が来るし、気温も海水も暖かくて、いやが上にも気持ちは盛り上がります。

でも、まずは落ち着いて、セットが見えたら一呼吸置いて、回りを確認してパドルを始めましょう。SUPはでかくて硬いです。人にぶつけたらどうなるか分かると思います。SUPだけではありません。いつもとは違う波です。リーシュは切れます。ボードは折れます。むしろ切れる、折れることを前提に海に入るべきです(リーシュは太くて新しいものを)

波が良いからと疲れきってしまうまで波乗りを続けていたら、最後の1本でボードを失ってしまうかもしれません(経験者です)カレントはいつもより強いです。無事に陸まで戻るための体力も残しておかなければいけません。

台風の海に入る前、沖にセットが見えたとき、自分の呼吸と鼓動を確かめてみてください。落ち着くことができます。

それからパドル開始です。落ち着かなければ少し待ちましょう(とりあえず行っちゃう、という手もありますが…)自分が今乗っているボードをその波できちんとコントロールする自信が無ければ岸へ戻りましょう。

これからの台風シーズン、安全に楽しみましょう。
ひとりのおっさんサーファーの願いです。



この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!