MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2694] [2693] [2692] [2691] [2690] [2689] [2688] [2687] [2686] [2685] [2684]
お知らせ:18日(火)は都合によりお休みさせていただきます。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。



9’6”の赤いログにすっかり夢中になっています。海、行きたくて仕方がない 笑。コシサイズで十分ですので海の神さまよろしくお願いします。

ロングボードに乗っていて改めて気がついたのが、テイクオフの気持ち良さ。ロングボードは短いオルタナ系のボードと比べると、テイクオフのときのスピードは速くなります。

しかも、うねりから滑り出すのでそのスピード感をしばらく味わうことができます。スピードの気持ちよさ。浮力が大きいボードの醍醐味のひとつです。

うねりにあわせてパドルを始め、うねりがボードのテールを持ち上げるとノーズが波のボトムへ向かって滑り出します。ロングボードに乗っている人なら光景が目に浮かぶと思います。

滑り出したボードの上で、両手を身体の脇について上体を持ち上げつつ、ボードを押さえスピードを付けていきます。

顔に当たる風、右に行こうか左へ行こうか、少しフェイドさせようか、立ち上がるタイミングと波の状態を合わせて、次の動作をイメージしながら滑っている時間。

他から見ればほんのわずかな短い時間だと思いますが、立ち上がる瞬間までいろいろなイメージが頭の中にわいてきます。顔に感じる風が少しずつ強くなっていきます。

そして、自分の動きのイメージと波の状況が重なったところで立ち上がり、ラインディングへ…。

ロングボードのテイクオフ、短いボードにはない時間です。波を滑るボードのスピード、滑走感、なにより波を捕まえたという嬉しさと波への期待感。

先週、新しいロングボードに乗って、楽しくて楽しくて…あらためて何がそんなに面白かったのか考えてみたらそのひとつがテイクオフでした。あのスピード感はロングボードならでは。

そしてグライド。重たくてボリュームたっぷりのロングボードが波を滑っていくときの感覚は、もう絶対に他では味わえない気持ちよさ。

何もせず、ボードの上にまっすぐ立って波を滑っていくだけでいいのです。もし、ステップを刻むならベイビーステップで…。

完全にラブ・アゲイン症候群です。

すべてはカツさんのおかげ。ノーズライダーもシェイプしてもらおうかしら…。

クリステンソンのフィッシュが入荷しました。5’8”です。



いいでしょ、CCフィッシュ。




この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!