MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2696] [2695] [2694] [2693] [2692] [2691] [2690] [2689] [2688] [2687] [2686]


店のストックにシェイプしてもらっている新しいノーズライダーのカラーを考えています。クラシックタイプのロングボードなので、色を入れた樹脂でラミネートする手法です。

着色の方法は樹脂カラーの他にエアブラシがありますが、クラシックなロングにはあまり似合いません(いくつかの使い方はありますが)

存在感がある太めのレッドウッドストリンガーなので、オペークで塗りつぶしてしまったらもったいない。ストリンガーが見えるデザインが前提です。

一口に色を決めると言いますが、これがかなり悩ましい作業です。デッキ、ボトムとレールではクロス枚数が違うので当然、色の濃さに差が出ます。色指定するのはレールじゃない部分です。選んだカラーが重なってどんな雰囲気になるのかは想像するしかありません。

それも無味乾燥な印刷された紙の色見本を眺め、それがグラスになったときを想像しなければいけないのです。シンプルな単色にするか、樹脂で塗り分けるか?ピンラインは?レール、デッキパッチの色の差がどんな雰囲気を作り出すか?ストリンガーとのバランスも大事です。

アタマの中で3Dビューアーのようにボードが回っています。ああ、決まらない 笑。でもそうやって、悩みぬいたイメージどおりのボードが出来上がってくると喜びもひとしおです。

さて、そろそろ決定をくださねば…。

先日の8’6”のガンはこんな感じ。濃い目の赤にレッドウッドのストリンガー、カツさんのロゴは黒で、ピンラインも黒。キリリと引き締まった表情です。




この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!