MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
5 7
14 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(11/10)
(11/09)
お大事に(返信済)
(11/02)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2793] [2792] [2791] [2790] [2789] [2788] [2787] [2786] [2785] [2784] [2783]

オンライン辞書のサイトをみつつ、英語のお勉強中です。SPIRIT OF AKASHAのステファニー・ギルモア、何度見ても素晴らしいです。アンドリュー・キッドマンが意図したとおり(それ以上かも)、MORNING OF THE EARTHのキラでのMPのシーンに匹敵するシークエンスだと思います。

以前にもこのブログで書きましたが、サーファージャーナルVol.22 #3にこれに関連する記事が出ています。

そこに書かれている、ステファニー・ギルモアのコメントを抜書きしてみます。

(デイブ・パーメンターのシングルフィンでの最初のセッションを終えて)
ボードを見て、触ってみた感じでは厚すぎる気がしたし、いまとはまったく違う感想を持っていたけど、とにかく楽しめればいいやと思って、何も言わなかったの。
で、乗ってみたらまったく厚みを感じることはなかったし、逆にその厚みがよかった。フォームの配分が完璧だと感じたわ。


このコメントにステファニー・ギルモアの素晴らしさが現れていると思います。

普通だったら、ノーズのレールが厚すぎるだの動かないだの言いそうですが、シェイパーがその部分を厚くした意図とそれによるボードの挙動を読み取って、きれいなサーフィンを見せてくれるんですから。

それを見抜いて彼女をシングルフィンに乗せた、アンドリュー・キッドマンの眼力(笑)もたいしたもんだと思います。

ステファニー・ギルモアが乗っているボードはデイブ・パーメンターがシェイプしたものですが、アンドリュー・キッドマンはシングルフィンのボードをシェイプさせたら、おそらく彼が世界一だろうと言っています。

個人的にはその右に出るのは、カツさんだと思ってます。

この話が自分の中にすんなりと入ってきて多いに納得できるのは、カツさんが教えてくれるシングルのシェイプのお話と言っていることが同じだからです。トライフィンのボードとのボリュームのバランスの違い、シングルフィンに必要なレールの厚さなどなど、シングルフィンの時代からのシェイパーならではのことだと思います。

私にはアンドリュー・キッドマンのようなことはできませんが、あまりにも当たり前になりすぎているトライフィンと人気がない(笑)シングルフィン、どちらかを否定するつもりではなく、それぞれの楽しみ方があることをうまく伝えられたらと考えています。

という訳で、現在のところ6.6のホットマンゴーで出番待ちなのです。波よ来い!


映画の中で、ステファニー・ギルモアが波に乗ってビーチに戻る途中に何か合図をして笑っているシーンが上の写真なのですが、インサイドで波乗りしていた小さな女の子がじっと彼女を見ていたので、その女の子に小さく手を振って笑ったそうです。

やっぱり素敵です。



この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!