MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2855] [2854] [2853] [2852] [2851] [2849] [2848] [2847] [2846] [2845] [2844]

自分用のニューボードのシェイプが出来上がりました。ボトム側からの写真です。ボトム側はダウンレールのエッジがあるのでアウトラインがくっきりと見えます。テールのコンケーブもよく分かります。

このボード、ブログをいつも読んでいただいている方は、以前にも見た記憶があると思います。ちょうど3年前に作ったこのシングルフィンと同じシェイプです。


アウトラインのサイズや厚みは全く同じですが、長さだけ1インチ長くしてもらいました。長くした理由は…なんとなく 笑。

サイズは、6’3” x 21” x 2”1/2です。

話はちょいとそれますが、いつも思うのは厚みをあらわしている数値のこと。この数値はサーフボードの一番厚い部分の数値を表しているだけで、この数字だけではボードが厚い、薄いというのは分かりません。

2”1/2という厚さ、厚いと思いますか?薄いと思いますか?

ロングボード出身の私は薄めだと感じます。でもこのボードを実際に触ってみたら、薄いと思う人はほぼいないと思います。

実際、ぶ厚いです。

デッキとレールのシェイプでボリューム感は多いに変わってきます。

デッキはフラットに近い、ごく軽いデッキコンケーブ。つまりレール近くまでボリュームがあるということです。ボードは実際に触ってみなくちゃわかりません。


レールは厚いダウンレール。ノーズ周りのレールなんか、特にボリュームがあってワクワクしちゃいます。

以前のグリーンのシングルフィンも同様でしたが、波のフェイスでボードを踏み込んだときに、ここのボリュームが威力を発揮します。このくらいのボリュームがないと物足りないです。


そして、一番違うのは今回はシングルフィンじゃありません。3フィンのボンザーです。テールのボトムにコンケーブが入っているのが見えると思います。

いわゆるボンザーボトムというような深いコンケーブじゃありませんが、これで十分機能するのは経験済み。

前回、シングルフィンで乗り込んでいくうちに、これサイドフィン付けてボンザーにしたいなあと思ったことも昔ブログで書きました。

それの再現です。

シングルでもずいぶん調子良かったので、ボンザー楽しみです。


調子いいシングルフィンかボンザーを探しているかたにはこのダイアモンドテール、おすすめです。

3フィンボンザーでは自分的にばっちりのサイズがもう1本。クリステンソンのCFOです。これ絶妙なんです。まだ手をだしてないのが不思議なくらい 笑。

どうしてばっちりかというのは、このボードに興味ある方だけ直接おたずねください。CFOはホームページのクリステンソンのページをご覧ください。

3フィンのボンザー、10年くらい前に乗っていたマイク・イートンさんシェイプの5’8”以来なのでかなり楽しみです。

カラーも悩みましたが決めました。何色かというのは出来上がってからのお楽しみということで…。



この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!