MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
2 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
ニーボード(返信済)
(03/20)
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2942] [2941] [2940] [2939] [2938] [2937] [2936] [2935] [2934] [2933] [2932]
前回の台風で海底の岩と衝突してリペアに出していたニーボードをピックアップして、海へ。波はあるし風は一日オフの予報。天気はいいし、身体はダメでも気持ちが上がらないはずはありません。

風も日差しも秋の気配。はて、この白いのはなんでしたっけ?


波はムネくらい。潮まわりで朝より昼~午後の方が良さそうかあと思っていましたが、ばっちりでした。。セットがどんどん入ってきます。


ボードはまず、8.4のPRIMOです。


今回で三回目ですが、もうばっちり慣れました。パドルの感じもわかって、いつものロングボードと同じ感じで波を捕まえられます。乗りすぎ注意です。

カットバックも良し。フィンの位置も決まりました。テールを踏んできれいに回ってくれる位置も分かりました。

パドルアウトはロングボードです。ちょっと大きめのスープはロングボード同様に以前ご紹介した、スクートゥンシュートというテクニックで越えていくことができます。それで無理そうなのは、目いっぱいパドルしてローリングで突っ込めば付き抜けることができます。

いまいち身体がしゃきっとしないので、滑りだしたあとはボードを踏み込まないで、ほぼ何もせず真っ直ぐ立ったまま横へまっすぐ滑ります。それでも途中のイン側からスネークしてくるショートボードには追いつかれません。速いっす。

途中でリーシュが切れて交換。切れたというよりは足首の付け根部分の樹脂の劣化です。リーシュが悪いわけではありません。悪いのは私です。リーシュは定期的に交換しましょうという悪いお手本でした。



ひとしきり8.4のシングルフィンで乗ったあとは、リペアから戻ったばかりのニーボードにチェンジ。

しゃきっとしない身体でも十分楽しめますが、ショルダーからピーク側へ滑ってきたロングボードをかわしきれずに接触。リペアから戻ってきたばっかしのニーボード、まーた壊しちゃいました。

キズから水入るな~と思いつつ、久々のニーボード、たっぷり楽しんでしまいました。

またリペアしなくちゃいけません。

前回と今回、カツさん以外のフィンで試してみようと普通の形のトライフィンで使ってました。こんなのです。


その他のフィンなどと合わせて考えてみると、やっぱりこのバナナフィンが断然いいです。


トライフィン特有のルースさはあまり好きじゃないのですが、バナナフィンはそれが少ないです。スピードも付くし、カービングもバナナフィンの方がスピード感あります。

形はバナナフィンの方がベースは狭く、フィンのティップにボリュームがあります。バナナフィン、ボードの動きがイキイキしてくるように感じます。

また波出そうなので今回は自分でリペアすることにします。



さて、ようやく本題にたどりつきましたが、手短に(笑)

ここのところ身体がいまいち遅れをとるようになってきて、少々とまどっております。

それは、疲れが抜けないと言えばいいのか…。

身体を動かしたあと(波乗りやトレーニングのあと)の疲れが寝ても取れない。走ろうとすると昨日のランニングの疲れを感じます。

まじめに老化を感じてます。

50近くになってきてなんとなく感じはじめたことですが、今年の夏過ぎからはっきりと実感するようになってきてしまいました。

さて、どーするか。

しばらくは様子を見てみます。トレーニングするにしても目的は波乗りですから、波乗りの前に疲れてしまっては本末転倒です。

今までよりもインターバルをとるのか、それともコンスタントにやりつつ量を減らすほうがいいのか?

食べ物や飲み物(アルコール)など、あんまりストィックになっても人生楽しくないです。それに、もしかしたらただの季節の変わり目かもしれません。

ボードの浮力を増やすという方法も効果的です。とりあえず、8’4”のプリモは正解でした。楽しめます。

これから、いろいろと模索してみます。波乗り続けたいですから。

ネットを見ていると老化を「劣化」と書く無粋な輩がいますが、そういう表現を使う、もしくはそれを読んでも違和感を感じない人は、人生楽しめてない人なのかと思ってしまいます。「老いる」ということは衰えるばかりじゃないのです。

昨日、ぶつかった人はずいぶんお歳を召しておられるように見えました。他の人にも突っ込んでましたから(笑)正しい意味での確信犯だったかもしれません。

自分もあと20年経ったらやっちゃうかもしれません。逆にそうなるまで続けたいものです。ボードは直せばいいのです。






この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!