MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2979] [2978] [2977] [2976] [2975] [2974] [2973] [2972] [2971] [2970] [2969]

サーファーズジャーナルの最新刊。ジョージ・グリノウが作ったエッジ・ボードでラスタヴィッチがタバルアの波を滑るお話です。

ボードは完全にスタンディングスプーン。最近の変なボードの流行で同じコンセプトのボードを作っているシェイパーさんもいますが、これが本物。かつてグリノウが乗っていたエッジ付きのニーボードをそのままスタンディング用に作ったものです(記事のタイトルも気が利いてます)

詳しい内容は本を読んでもらうとして、あらためてサーフィンの面白さの中のひとつ(たぶん重要なひとつ)について教えてくれるお話だと思います。

このボードでクラウドブレイクをラスタヴィッチがハイスピードで滑走して最高の体験をしていても、チャネルのボートからそれを見ている人たちは無反応。ラスタビッチはそれを、大きなスプレーを飛ばすようなヒーロー的な動き(笑)を全くしなかったから、とちょっと揶揄するように言っています。

身体を鍛えて、力でボードを振り回すようなサーフィンがすべてではなく、力を抜いてスピードと波との調和を楽しむようなサーフィン。そして、それを体感できるような性能をボードに持たせること。

スピードに関するデザインが、グリノウによって60年代から70年代の初期にすでにエッジ付きのVELOで完成しているというのもすごい話です。

スピードと言うと、以前乗っていたカツさんのクアッドのニーボードを思い出しました。あれは異次元でしたが、あれもやっぱり自分にしか分からないもの。 

そして同時に自分自身にちょっと反省…。自分にしかわからないことです。どうもすいません。

サーファージャーナル、他にも面白そうな記事がたくさんです。読んでみてください。

今日は、AXXE CLASSICのアドバンスドバックジップが出来上がってきました。5/3ミリです。

モモまわりまでラバーを使っています。下半身がジャージのものより、若干扱いに気を使っていただく必要が出てきますが、ラバーを多く使いたい方はこういう仕様もあります(追加料金無しです)

これからの季節に大活躍してくれることと思います。





この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!