MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2983] [2982] [2981] [2980] [2979] [2978] [2977] [2976] [2975] [2974] [2973]

シールビーチ、ピアの南側のショアブレイク。ボディボーダー、スキムボーダー、波を滑っている時間はほんの一瞬。その後は…。ワイドに崩れてしまうダンパーの波でサーフィンをしても面白くないのですが、楽しみ方は人それぞれ。

この手の波で一度だけ遊んだことがあります。ハワイのサンデービーチです。

ショアブレイクでボディサーフィンやボディボードを楽しそうにやっているのを見て、「ちょっとやってみるっぺか」と、VIPERのフィンを付けて海に入ってみました。

やってきた波にタイミングを合わせ、キックとパドルで波を滑ろうとした瞬間に目に入ってきたものを見て思わず身体は海の中へ逆戻り。

滑り降りる先に見えるのは、ほぼ砂浜、砂の上、陸地です。波はかなり強烈。

たちまち上がりたくなったものの上がれない。ボディボードならうまくやれば砂の上にうまく着陸、滑走できそうですがあるのは足ヒレのみ。

何本かやりすごした後、小さめの波を選んで意を決してテイクオフ、というかフリーフォール。

砂浜にドカンと行っちゃうな、と思いつつできるだけ身体をひろげ平たくなって着地。幸い、少し残っていた海水がクッションになってくれ意外にもふわりとソフトランディング。

砂の感触で、あービーチに戻れた。とほっとするのも束の間。砂の斜面を駆け上った海水が勢いよく戻ってきて、あっという間に海の中へ。海底の流れに引き込まれないように海底を蹴って浮かぶくらいの気持ちの余裕はありました。

さてどうしたものかと考え、もう一度チャレンジ。

頭から行ったらやばそうなので、顔をしっかりあげて滑り降り、もういちどソフトランディング成功。今度はビーチの砂に指を食い込ませ水の中、腹ばいになって海へ戻る流れに必死で耐えます。

ズルズルと引きずられましたが、砂にしがみついて流れからはなんとか離脱。そのまま四つん這いで砂の斜面を登る途中、もう一度波が来ましたがうまく離脱。フィンを素早く脱いで砂浜を駆け上がって無事ご帰還です。

髪の毛のあいだ、トランクスのポケット、耳の穴、びっくりするくらい砂まみれで、シャワーを浴びても浴びても砂が出てきて、サンデービーチというネーミングをたっぷり体感しました。

ボディサーフィンには興味がおおいにありますが、ショアブレイクではあんまり楽しく無い、というか良くやるなあというのが正直な感想。楽しみ方は人それぞれです。




MINI HULL、リペア完了しました。久しぶりにハルで滑ってみたいです。







この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!