MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2985] [2984] [2983] [2982] [2981] [2980] [2979] [2978] [2977] [2976] [2975]


昨日のこと。風向きが微妙なところでしたが、しばらく海に浸かっていなかったのでオンショアでもいいやと潮が引いている朝を狙って行ってみました。

海の近くは北風(オフ)でしたが、海岸に出て見るとゆるいサイドショアが吹いていました。

決して良いコンディションとは言えませんが、最近手に入れたMINI ハルを抱えて海へ。

入ったときには緩いサイドショアだったのが、しばらくするとストレートの強めのオンショアに変わり、またしばらくすると風が弱まり、サイドショア寄りに回ってきました。沿岸部は北風(オフ)と南西風のちょうど境目だったようです。

2時間半くらいのあいだに、風向きと強さが何度か変わったのですが、海もそれに合わせて表情が変わっていきました。

ゆるいサイドショアではオフショアとまではいきませんが、朝日が差せば海は青く光っています。それがストレートのオンショアに変わると雲が切れて日の光が差してきても海面は暗いまま。

オンショアが海面を細かく乱して日の光を反射しないからでしょうか?オンショアの海に色は暗く、空が明るくても重たい雰囲気です。

風が弱まって、サイドに回るとそれまで暗い色合いだったのが、今度はまた青くうねりはじめます。

風が吹く向きで海の表情は大きく変わります。風の方向が変わっても、海の表面に風が吹き付けるということには変わりは無いように思えます。それでもオフとオンではずいぶん違うものです。

波抜きで考えて、平水面であれば風が右から吹こうが左から吹こうが関係なく水面は同じ反応をするはずです。でも、うねりが全く無いときの海はオンとオフで海の表情は大きく変わります。

どうしてなのか?想像を膨らまして考えてみました。

陸風(オフ)の海へ影響は海岸に近いところしか私たちは見ていません。陸地のすぐ近くですから風に影響を受けたとしても、私たちが見ているのはその影響がまだ小さい範囲なのではないのか?

オフショアは海面を均し、崩れる波の形を整えてくれます。でも波乗りでは行かないもっと沖へ出て見たらどうなるか?おそらく海面の状況は風の向きには関係なく、風の強さにのみ影響されるていると思います。

うねりは風が作ります。遠いところで海岸方向へ吹く風が風波を起こし、それがだんだんとうねりになってきます。その風(つまりオンショア)の影響下を脱したうねりのエネルギーが海岸に届いて、それが崩れる瞬間を狙うのがサーファーです。

そのうねりを起こす風が沿岸まで入ってしまったら私たちにとってはオンショアチョッピー。

うねりのエネルギーだけが届けば、波乗りに適した波になります。陸側から吹くオフの風は波の形を整えてくれますが、強すぎるのも問題です。沖まで強く吹き付けると今度はうねりを消してしまいます。うねりが消えたさらに先の海域までその風が吹いていれば私たちがオンショア、と呼んでいる状況と同じになっているはずです。

陸地が無いので、オン、オフという概念は成り立ちませんが方角的にはオフショアのチョッピーです。その風の先にあるビーチにはきっとうねりが届くのでしょう。

昨日はその境目に自分が居たようです。面白い体験で、おもわずこんなことを想像してしまいました。


そして、こちらも面白い体験でした。久しぶりのハル。6’8”のMINI HULLです。

デッキはさんざん踏まれてすっかり竜骨が浮き出てしまいましたが、波に乗るのにはまったく問題ありません。

ハルだけでなくMINIの形も久しぶりですが、このワイドノーズのアウトラインはやっぱりフレンドリーです。ぜんぜん良い波ではありませんでしたが、波のキャッチは楽々だし、オンショア特有の急にたるくなるようなセクションも問題なくつないで滑ってくれ、岸まできっちり乗り継ぐことができます。おかげでたっぷり楽しませてもらいました。

ひさびさのハルの滑りとフレックスフィンの感触が気持ちいい。MINIハル、面白いです。

作っちゃおうかなあ、MINIハル。これと同じ感じにってカツさんにお願いして。昨日のあのコンディションであれだけ乗れちゃうんですから、風の変わり目がもう少し沖へ出てくれたときにはさらに楽しめるんでしょうね…。

これももうすぐ出来上がってきます。もうイージー&ファン路線まっしぐらです。


この幅広にクアッドフィンですから。

滑りますよ~。誰かさんとお揃いになっちゃいますけど 笑。

MINIハルは今のにしばらく乗って、それから考えることにします。

OさんのB52ノーズライダーもばっちり出来上がりました。クリアにダークシダーのストリンガーがすっきり美しいです。


B52のフォームからご注文いただいているお客さまは、もうそろそろフォーム出来上がりますのであと少しだけお待ちください。届いたらすぐにシェイプしていただきますので。

ブーツ、去年お世話になった暖かインナー、グローブ、フードなどなど、冬用品が入荷してきました。

頑張ってアップロードしますのでいましばらくお待ちください。






この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
お揃いの誰かさんも、少し西のピークで入っていたみたいです。1人ぼっちになり、寂しくなって上がったみたいですが。。
日々、ツルツルと楽しそうに滑っております。で、速い!先日、確信犯的にショルダーから行った私は煽られてしまいました。
yama 2015/12/18(Fri)21:03:12 [編集]
Re:無題
滑ってますか~、いいですね~。
そんな話を聞くと出来上がりが待ちきれなくなってしまいます。6.8のミニのシングルフィンも乗ってあげてください。クアッド乗ってからだと、あらためて面白さが発見できると思います。
【2015/12/19 13:48】
Visitor Map
Create your own visitor map!