MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2994] [2993] [2992] [2991] [2990] [2989] [2988] [2987] [2986] [2985] [2984]

ユーズドで入荷してきたカツさんのプリモの10フィートを見ていたら、自分のものにしてしまいたい衝動を抑えるのが大変です。好きなんです、グライダー。

ご存知のとおり、このグライダーは何年か前に私が作ったものですが、私からもらわれていったときとほとんど同じきれいなコンディションです。丁寧に使ってもらっていたようで、嬉しい限りです。

そもそもグライダーというボードが生まれてきたのは1990年ごろ。ロングボードリバイバルが始まったころです。作り出したのは皆さんご存知のサンディエゴの御大。90年初頭のサーフビデオに12フィートくらいありそうなグライダーで登場しているのを見たのが、私のグライダー初めです。

グライダーの一番の魅力はスピードです。

沖のうねりから滑りだし、立ち上がっては崩れていく波を横切って、インサイドまで滑っていくときのスピード。

パラレルスタンスで、思わず両手を鳥のように広げてしまうくらいのスピードです。トリミングだけ、何もしなくても気持ちいいのです。

テイクオフも特別です。大きな浮力で緩いうねりを滑りだすときの浮遊感。おおげさじゃありません。波乗りを始めたころ、波を滑る特別な感覚を覚えたばかりのころの純粋な楽しさをもう一度、思い出させてくれるのがグライダーです。

そんなグライダーとヨリを戻したいところなのですが、私は腰がアレなのでプリモの8’4”にその面影を見つけて楽しんでいると言う訳です。グライダー、どなたか私の代わりに楽しんでください。

なぜウェットがオレンジなのかは不明ですが、木製グライダー、かっこいい。

ユーズドボードはホームページご覧ください。



この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!