MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
5 7
13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(11/10)
(11/09)
お大事に(返信済)
(11/02)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3006] [3005] [3004] [3003] [3002] [3001] [3000] [2999] [2998] [2997] [2996]

昨日は幸いにして、雪は降りませんでした。そのせい(?)だと思われますが、予報も変わりました。沿岸はオフショアが吹くはずだったのが、サイドからのオンショアに変わりました(夜の更新でまた変わる可能性はあります)。

今日よりは風も弱まるので、できないことは無さそうですがコンディションはいまいちっぽいです。明日、オンショア覚悟で行ってみるか、オフになりそうな火曜日の超小波(笑)に望みをたくすか。いずれにしても、動いてみないと結果は出ないのですが…。

さて、どーしましょうか。木曜あたりの高気圧の吹き出しにもちょっと期待していますが、波乗りはほんと風次第ですね。


昨日の映像、何度も見ちゃってます。ロングボード、ショートボード、ミッドレングス、サーフボードにはいろんな種類がありますが、それぞれを特長づける一番の要素は、浮力だと思います。

ショートボードは浮力が小さいので、波の力があるところをキープしないと失速してしまいます。でもそれだから、必然的に波のカールに近いところで、縦方向に上下するショートボードの動きになります。

私は、波のフェイスを斜めにスピードをつけて、ただ滑っていくようなシンプルな波乗りが好きです。波に合わせてスピードを調節しながら、行うターンはボトムターンとトップターン、それにカットバックくらい。

なのでフィンはシングルフィン。1本あれば十分です。同じ動きをしたとしても、シングルとトライでは感じるものが全然違います。シングルが気持ち良いのです。

私が普段入っているような波質のポイントで、そんな感覚で波乗りができるのは、6’6”~6’8”より大きなサーフボードだと思います(BOOGIEは例外…)

加速させたいときはボードを踏み込んでスピードを付け、チカラを抜いて滑るところはリラックスして滑って行く。6’8”のMINIモデル、7’3”のプリモ、8’4”のプリモなど、サイズやシェイプによってレスポンスは変わってきますが、それぞれ楽しめます。

共通しているのは浮力がしっかりとあるということ。

今はもう乗りません(腰に効いちゃうので)が、究極は11フィートのグライダーがそうだったのかもしれません。

普段、シングルフィンのロングボードに乗っている人には、馴染みやすい感覚だと思います。浮力が大きなボードで、ただスピードを付けて波を滑る。波乗りの原点だと思います。

波乗り楽しんでますか?




この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!