MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
1 3 4 5
11 12
16 19 21
22 26
29
ブログ内検索
最新コメント
ニーボード(返信済)
(03/20)
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3016] [3015] [3014] [3013] [3012] [3011] [3010] [3009] [3008] [3007] [3006]

AXXE CLASSICさんにお願いしていた、新しいウェットが出来上がりました。今回もネックインです。下半身スキンもかっこよくて捨てがたいのですが、実用性と耐久性を優先させて下半身はジャージにしました(追記:下半身スキンにできるのはバックジップとノンジップモデルです。ネックインはジャージのみでした。どうもすいません。)

今期から発売されている、アドヴァンスド・バックジップも防水性が高くて、動きやすいとフィードバックいただいているので、どっちにしようか悩んだのですが、結局ネックインにしました。

ネックインは2012年から、もう今年で5シーズン目です。4年前に作ったスーツは首周りのヘタリはまったくなく、唯一、股間のあたりがへたったらしく、ほんのすこーしだけひんやりと浸水を感じるようになったくらいです(それもエアスキンのインナーを着ていれば浸水の冷たさは感じません)

首まわりがユルユルになるんじゃないの?とご心配していた方々、何の心配もありませんので、安心してオーダーしてください。

防水性は高くて、暖かく。カラダへのストレスは少なく、動きやすい。そんないいことばっかり言って、脱ぐの大変なんじゃないの?と、まだご心配の方、実用化、販売されてもう5年目です。

早速着てみましたが、脱ぐのも簡単になっています。(着るのはもともとカンタンです)そこで、どのへんが改良されているのか?探してみました。

まずはココ。首周り。

矢印を入れたところ、まず首周りのパーツが以前のものよりムネ方向に深くなっています(縦の矢印)この部分のジャージ生地が、600%の伸縮率をもったラバーで、スキンの部分が通常のラバーです(そこも、エアスキンという伸びが良い素材を使っています)

つまり、この継ぎ目のラインが開口部です。そこが深くなったということは、開口部が大きくなったということです。ジッパーレスで例えれば、開口部がより大きく広がるようになったようなもんです。

そしてもうひとつ気が付いたのは、その横の縫い目です。以前は斜めに顔の方向へ上がるように入っていましたが、新しいモデルは真横です。縫い目は、縫い目に対して水平方向には伸縮性がありますから、より開口部が伸びるようになっているように感じました。

そして背中。

ここもネックのパーツのラインが、横真っ直ぐから丸く取られて開口部が広がっています。その下の縫い目は縦にまっすぐではなく、斜めに縫われていて、伸縮性と耐久性をアップさせています。

実際に着てみると、脱ぐことは以前のものより、ぜんぜん楽になっています。


以前の袖口は二重の防水袖にしていたので、手を抜きにくかったのですが、今回は二重袖と同じくらいの防水性があるラバーの折り返しにしてみました(袖口を首と同じように内側へ折り込んで浸水をシャットアウトします)

この袖口は折り返しているだけなので、柔らかく手がとても抜きやすいです。脱ぐことを楽にしている要因のひとつだと思います。実際、ネックインは腕を抜くのがポイントで、そこをクリアしてしまえば、あとはノンジップと同じです。

今回は始めての裏起毛(いままで起毛じゃなかったんです)起毛にした分、ラバーを薄くした(4/3mmです)ので動きやすいです。起毛、暖かそうで早くこれ着て波乗りしたいです。


それから、今回はヒザパッド無しにしました。ニーボードもニーパドルもやりますが、大丈夫です。パッドが無い分、伸縮性が出ていいんじゃないでしょうか。

久しぶりのウェットマニアでした。





この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
浸水
こんにちは。
股間のへたりは今シーズン前のリペアで完璧に直りました。ネックインセミドライを次シーズン買い替えを検討してましたが、もう1年行けそうです笑
あと、ブーツ内への浸水ですが、リーシュを巻いた足は浸水しないんだよなぁ...と考えていて思いついたんですが、ストッキングベルトを先日試したらコレいいです笑
サッカー用品店で500円位で2本入!
おーた 2016/02/06(Sat)17:51:12 [編集]
Re:浸水
股のあたりは波待ちでプレッシャーがかかるのと、動きが激しい部分なので生地がつぶれて浸水しやすい部分です。リペアしてもうワンシーズンというのが正しいお得な使い方です。

ストッキングベルトはグッドアイデアですね。手首、足首用のベルト(最近のサーフグリップのブーツには防水バンド付いてます)は、ウェットメーカーから出ている専用のものがありますけど、ちょっとしたことですが、うまく使うと冬場は快適さが全然違ってきますね。

そして、来シーズンはオーダー、お待ちしております 笑。
【2016/02/07 13:21】
Visitor Map
Create your own visitor map!