MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3057] [3056] [3055] [3054] [3053] [3052] [3051] [3050] [3049] [3048] [3047]
サクラは咲きましたが、海水はまだ冷たくてウェットはまだまだセミドライ。でもそろそろ春のウェットスーツの準備にとりかかる時期です。

例年、ゴールデンウィークの晴れた日に、強い日差しに誘われて、真っ白いカラダでトランクス一枚のサーファーが登場することがたまにありますが、この時期の正しいウェットは3ミリのフルスーツです(湘南です)

3ミリフルは実は一年のあいだで、一番長い期間着用するウェットです。4月中~下旬から6月、夏が終わって10月中旬から12月下旬まで。半年近い期間お世話になります。

セミドライのように防水性や保温性に、それほどこだわらなくていいのが気楽で嬉しい3フルです。

表面の素材は、ラバースキンかジャージ。ジャージはいわゆる「ジャーフル」というやつです。ロングボーダーにはクラシックな雰囲気のラバースキンが人気ですが、ジャージの柔らかさも捨てがたいのは、ジャーフルを一度着ていただくと、多いに実感できることと思います。耐久性もあります。

素材の暖かさは、ジャージは表面に水を含む分、ラバースキンの方が少しだけ上です。でも、何度もいいますがジャージは風は通しませんので、お間違いのないように。

うちで扱っているメーカー別に見てみます。

アルファベット順でまず、AIDENTIFYです。アイデンティファイと読みます。

ここんちは、ネオクラシックスタイルが信条ですので、ジャーフルはありません。スキンタイプのみです。

SEA VESSELとMODEL Aの2パターン。ハイパースキンという柔らかいだけじゃない、柔軟性がある素材を使っています。厚みは3ミリ/2ミリ(袖が2ミリ、身頃が3ミリです)

春モデルには、ヒジ先にカラージャージでストライプを入れるリストバンドというオプションもあります。ビジュアル系ではありませんが、そういう部分を大事にしているウェットメーカーです。

若干いまのとカットが違いますが。かっこいいのです。



それからおなじみ、AXXE CLASSIC。

AXXE CLASSICはなんと言っても素材がすごいです。スーパー・ウルトラ・ライト SULというくらいの軽い素材。実際に手にして見るとおどろきます。しかも柔らかくて丈夫。

唯一のマイナスポイントは、乾きが 遅いということですが、それをおぎなってさらに余るものがあります。どうしてもすぐに乾く方がイイというのでしたら、SULドライプラスという上位素材も用意しています。

SULはラバースキン、ジャージ、どちらも用意しています。

スタイルは、バックジップ、チェストジップ(ノンジップ)、ネックインタイプと3種類あります。どれもテストを繰り返し、よく考えられている作りです。

ネックインは保温性が高いので、比較的水温が低い期間が長い地域

チェストジップは、格段に着脱が楽になっています。バックジップは首の後ろ部分のフィット感がいいのです。
 


それから STEAMER。

大手メーカーのような宣伝はしていないので、知名度はありません。クラシックをイメージしたデザインも、かれこれ10年以上変えていませんが、その分コスパに優れています。

3ミリフルスーツで使っている、DTラバーという素材はそれまで使っていたネッスル素材の後継素材で、ネッスル同様かそれ以上の伸縮性があり、肌触りが良い素材です。すべりがよくてスポッと脱げます(ホント)

3ミリフルスーツで、46.000円(税別・フルオーダー価格)です。加えて、ロンガーさんに人気のロングジョンとジャケットのセットアップも同じ価格で頑張っていただいてます。

それが売りです。


ちなみに、STEAMERもジャーフル、おすすめです。2.000円アップですが、さらに柔らかいです。



そして最後は、ZERO。

イチオシはこれ、スプリングロール。春巻モデル。構造はエアドームと同じで、厚みが3ミリ/2ミリ。ジッパーレスの進化版と言えるかな。着脱簡単で、ムネ、カタまわりに余裕があって動きやすい構造です。

これもラバースキン、ジャージどっちもOKです。

もちろん通常のバックジップもあります。EXTENDという、伸びとフィット感が良い上位素材を標準で使用しています。

春先にはちょっと早いのですが、ZEROでもうひとつオススメの変り種のウェットがあります。

コブラという、2ミリ/1ミリの薄いウェットスーツです。どちらかと言えば夏用の部類に入ります。

これが結構、重宝するのです。

スタイルは、フルスーツとロンスプ。トランクスじゃちょっと寒いけど、3ミリのウェットは暑いというときに使うと、かなり快適です。

ロンスプは特におすすめです。3ミリ/2ミリのロンスプ着なくなります。それからもうひとつの利点は、チンクイ、クラゲよけ。これが一番です。

私、チンクイ、クラゲに刺されると一週間以上かゆくて大変なのですが、昨年はこのコブラを着ていて、一度も刺されませんでした。

おかげで、夜中にかゆくて目が覚めるのから解放されました。私みたいに、チンクイ、クラゲがかゆくなる人には絶対いいです。両方揃えるのは少々ぜいたくなので、どっちかと迷うなら、まずはロンスプがあればいいと思います。


ご紹介したものすべて、自分自身で試しています。良いことばっかりは言いません。自分が着てみた実際のところをご説明しますので、ご相談はお気軽に。

春夏ウェットの準備は、そろそろですよ~。








この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!