MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
5 7
14 16
19 21 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(11/10)
(11/09)
お大事に(返信済)
(11/02)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3176] [3175] [3174] [3173] [3172] [3171] [3170] [3169] [3168] [3167] [3166]
ロングボードが波の上を滑走するときの表現としてよく使われる言葉の「GLIDE」、「グライド」。シングルフィンのビッグボードで波を滑っているときの感触を表現するのに、ぴったりの言葉だと思います。

GLIDEという言葉はもともと、推進力を発生する発動機(エンジン)が付いていないグライダーが空を滑空している状況を表しているんだろうと思っていました。

試しにオンライン上にあるオックスフォード英英辞典で引いてみると、上のグライダーの滑空の他にもうひとつ、「to move smoothly and quietly, especially as though it takes no effort」と出てきました。

「スムースに静かに、あたかも何の力も加えていないように動くこと」と、言葉だけでもなんとも気持ちよさそうです。

面白いと思ったのは、GLIDEに「no effort (努力、奮闘、尽力無しに)」というニュアンスがあったところです。

なんだか、ロングボードでトリムスポットにただ立って、波のパワーゾーンをキープしながら滑っているときみたいじゃないですか。

大きくて重たいボードを、あたかも力が入っていないように、簡単そうにあやつってトリミングしていくというクラシックスタイルのライディングのコンセプトって、まさにそれだと思います。

気軽に使っていた「GLIDE」という言葉ですが、知らないままに使っていた部分もあったのではないかと思いました。

なんでこんなことを言い出したのかと言いうと、今回はどうやらこいつの出番のようだからです。出来上がってから、もう十分寝かせました。


台風13号は、現在の予報ではどうやら陸上を進んできそうです。関東に近づくころには低気圧になっている予報です。

陸上を進んでくると太平洋岸はオンショア。昨日のブログで木曜の午後か金曜日と書きましたが、波はあまり期待できなさそうです。

通過後の金曜はオフに変ると思いますが、サイズは一気に下がりそうです。

そうなってくるとやっぱりこいつの出番でしょう…。

ということです。

波が小さくても楽しみなのは、ロンガーの特権だと思います 笑。

重くて平らで長くて丸くて、たっぷりと「グライド」してくれると思います。




この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
こんにちはブログ毎回楽しく拝見しています。
今回のログも渋いですね!
最近はほとんどオンフィンですが、6'0”のクアッドはなぜFCSなんですか?
小林 2016/09/09(Fri)15:04:38 [編集]
Re:無題
>こんにちはブログ毎回楽しく拝見しています。
>今回のログも渋いですね!
>最近はほとんどオンフィンですが、6'0”のクアッドはなぜFCSなんですか?

クアッドは前後のフィンの組み合わせで性格が少なからず変わってくるので、フィンを変えられるようにしたためです。

結果的にはホームページの組み合わせで満足はしているのですが、変えてみても面白いと思っています。


【2016/09/09 16:30】
Visitor Map
Create your own visitor map!