MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
5 7
13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(11/10)
(11/09)
お大事に(返信済)
(11/02)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3181] [3180] [3179] [3178] [3177] [3176] [3175] [3174] [3173] [3172] [3171]
8’4”のTIKIをどんな色にしようかと、散々迷っていたら外はすっかり暗くなっていました。

赤ティントと書いてありますので、最初は赤だったのですが、最近赤いボードを何本か作っているので、今度は違う色にしようと考えておりました。

それが、なかなか決められない。

優柔不断という訳ではありません。長いあいだたくさんのボードを作っているせいでどの色を見ても、この色あのとき使ったなあ~と出来上がりがあたまの中に浮かんできてしまって、いまいちコレ!という決め手が無いのです。

サーフボードのカラーはラミネートの方法が決まっていますから、どの辺が色の境目になるかや色の濃淡の出方など、一定のパターンがあります。

ティントなら選んだカラーよりもクロスが重なるレール部分やデッキやフィンまわりにパッチを入れた部分などが濃く見えてきます。

オペークは不透明ですから選んだカラーが均一に広がります(薄めにしてティントのように使うこともできます)

仕上げはツヤがあるバフ仕上げと、ツヤ消し仕上げがあります。仕上げの違いで質感が変ってくるので色の見え方も変わってきます。


決して面倒になったわけでは無い「考えたあげくのクリア」で行こうかなあ~とも思いましたが、最終的になんとか決定いたしました。

で、何色にしたのか?

それは出来上がってからのお楽しみということにさせてください。

ツヤ消しかツヤ有りかで、もう少し悩みます。


さて、明日は少し波がありそう。こいつのデビューなるか?!


ワックスアップしました。

FU WAX、9.6x2本、8.4x1本、6.0x1本、7.7x1本に塗りましたがまだ半分残っています。価格は高いですがこのくらい使えます。







この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!