MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3172] [3171] [3170] [3169] [3168] [3167] [3166] [3165] [3164] [3163] [3162]

先週の写真ですいません。すっかり写真撮るの忘れてました。昨日もリペア工場とシェイプルームとの移動時間のあいだにしっかり入水。波はオンショア、大潮の引きのヒザコシ。つまり最悪 笑。

でもね、マット面白いんです。波の面が悪くても、オフショアのスムースな感触。小さな斜面とショルダーさえあれば、気持ちがいい波乗りが満喫できます(ホント)

波が崩れる直前の小さなフェイスを捕まえるだけで、最悪の波でも最高のグライド感です。

まあ、分かる人だけでいいのでこれ以上いいませんが(笑)

マットで散々滑ったあと、ちょっとだけ立ち上がるのもやっとくべと思い、(それしか持っていけなかった)7.6でやってみましたが、昨日の波ではダメ。マットの方が全然滑れて、気持ちいいよくて楽しい。インサイドまできっちり波をメイクできます。

いや、楽しいですよサーフマット。ボンドで作った滑り止めも効いてます。

体幹を強化したおかげなのか、以前はうまくできなかったドルフィンができるようになってきました。やり方は、両ひじでマットを抱え込みながら両モモも使って、マットをカラダで包み込むようにしながら潜るようにするとうまくいきます。崩れそうな波を越えていくときも同じようにするとマットが身体から外れません。

次回サイズが上がったときに、ぜひやってみようと思います。

昨年から使い始めた、マカプウフィンもいい感じです。推進力はありますが足首への負担が少ないです。これもオススメです。



台風10号で、活さんはこのTIKI 8’4”に乗ってかなり気に入ったようです。


TIKIの基本は写真のとおりサイドフィン付きです。同じ長さで、8.4のシングルフィンのプリモに乗っていますが、小さなサイドフィンだけで(他にも違いはありますが)プリモとは違ったサーフィンができるのが面白そう。

8’4”という長さ、プリモもそうですがこれも楽しいのです。パドルアウトやテイクオフはロングボードで、滑りはじめればクラシックスタイルも、マニューバも気分次第。

サイドフィンが付いていれば、シングルでは重い動きをサポートしてくれます。


活さんの話を聞いていると、ずいぶん楽しそうだし、次はこれかな~。




この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!