MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3187] [3186] [3185] [3184] [3183] [3182] [3181] [3180] [3179] [3178] [3177]

rasta man from adam williams on Vimeo.



先週に波乗りしたときのことです。セットを待つピークに人が増えて少々面倒くさい感じになってきたので、インサイドへ移動。引き気味の潮で、浅くなったリーフに速い波が崩れるところで波を待ってみることにしました。

ヘソくらいの小さな波にテイクオフ。ボードは8’4”のプリモ、シングルフィンです。

小さな波でもロングボードのように乗ることはできますが、そうはせずにボードの真ん中あたり、トリミングソーンと思われる場所に姿勢を低くして、速く崩れる波をひたすら抜けていくイメージで滑ってみました。

しゃがんでいると波のリップは視線の上、自分が滑っている波のカールがとてもきれいに目の前にひろがっています。

波の先が立ち上がって崩れそうになれば、つまさきへ体重を乗せていくと、ボードは波の高いところへ上がり、しゃがんだままの体重移動で波を滑り降りてスピードをつけ、波と追いかけっこです。

プリモのレールとコンケーブを水が流れていくのが足の裏を通して伝わってきます。

スピードが十分に乗って波に追いつけば、しゃがんだ姿勢のまま波のフェイスを軽くなでるように手のひらも波の斜面を滑らせます。

ボードコントロールはスピードのコントロールだけ、波の表情を楽しみ、ただひたすら海水の斜面を滑っていくのが面白く、何度も何度も、すっかり夢中になって滑っていました。

速く、気持ちよく滑っていくのはプリモのボトムとレールのおかげだと思います。ちなみに短いMINIのMINI2も同じボトムの形状になってます。プリモでも7フィートくらいで浮力が減れば、踏み込んで加速する動きがも少し必要そうで、それも面白そう。

上の動画はサーフマットですが、ちょうどあんな感じです。

’slide’という言葉がありますが、それが一番ぴったりくる感触です。コントロールはされているものの、その制御を越えて滑っていってしまう感触、スピード。

波乗りのテクニックは、ロング、ショート、それぞれにいろいろありますが、テクニックよりもまずは’slide’することが私にとって一番の波乗りの面白さだと思ってます。だって気持ちいいでしょ。

そして、視線の低さももしかすると大事なのかもしれません?しゃがみこんで、サーフマット、そしてニーボード。波を上から見ない視線も、ただひたすらシンプルに波を滑る気持ちよさを感じることができる要因のひとつじゃないかと思います。

だから好きなんですね。

BONZA from adam williams on Vimeo.








この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!