MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
2
9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
ニーボード(返信済)
(03/20)
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3245] [3244] [3243] [3242] [3241] [3240] [3239] [3238] [3237] [3236] [3235]

画像は最近注目度が急に高くなってきた、TIKIというモデルです。上のボードは、9フィートジャストですが、ロングだけではなく6.8の長さから作っています。ニューモデルというわけではありません。ずーっと以前からあったモデルです。

特徴としては、まず目につくラウンドピンテール。そして小さなサイドフィンがついた、シングルスタビライザーのフィンセットアップです。


ボトムは最近のものは、トライプレーンコンボボトムでノーズからテールまで、全体的に長いコンケーブが入っています。コンケーブはシングルコンケーブからダブルコンケーブになり、フィン回りのロッカーは若干強めで、VEEが入っています。

同じトライプレーンコンボボトムのPRIMOモデルと大きく違う点は、フィン回りのロッカーとVEEです(もちろんフィンの数とアウトラインもですが)

私のTIKIは、8.4。アウトラインをPRIMOっぽくとお願いをしたので、こんな形です。


そして、重要なポイントはボードの重量です。画像ではお伝えできない部分です。この二本、9フィートも8.4もしっかりとした重量がボード本体に付けられています。ラミネートで意図的に重量を出しています。

それでも、9フィートも私の8.4も動きはかなり軽いです。軽く曲がります。上の9フィートは自分ではまだ乗っていませんが、私よりも確かな人が(笑)テストしているので間違いはありません。

シングルフィンのPRIMOも良く動いてくれますが、サイドフィンが付くことでシングルとは違う動きをすることができます。そんなマニューバを楽しめるモデルというのが、TIKIの特徴です。

重量を軽くすればさらに動きは軽くなるかもしれませんが、波の上を滑っているときの感触だけでなく、サーフィンのスタイルもボードの重さによって変ってしまいます。TIKIはスムースなダウンザラインでスピードを付けやすく、きれいな弧を描くようなターンで、波の上をカーブしていくようなマニューバのラインをイメージしています。

1分過ぎあたりから活さんが乗っているロングボードがTIKIです。長さは、9.1だったかな?

LET IT ROLL demo from mo3store on Vimeo.



重量のおかげで、しっかりとしたグライド感があります。そして、重量があっても、軽く動けるように作られているのです。











この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!