MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3250] [3249] [3248] [3247] [3246] [3245] [3244] [3243] [3242] [3241] [3240]
新しいテンプレットのフィッシュも作っていますが、活さんはミニガンにもご執心です。まずテストシェイプしたのがこの二本。


デザインソースは60年代の終わりごろ。長かったサーフボードがいっせいに短くなって間もないころのデザインです。

オリジナルはこんな感じ。活さんコレクションのプラスティック・ファンタスティック。60年代の終わりのノースショアで、ジョック・サザーランドが乗っていたかのようなボード。


クラシックなSデッキにダウンレールとVEEボトム。先人たちの進化の過程のデザインと言ってしまえばそれまでですが、リアルタイムでそれを見てきた活さんにとっては、たくさん現れて消えていったひとつひとつが、それぞれのデザインがインパクトあるものだったに違いありません。

たぶんその中でも、印象が強かったのがこのMINI GUNデザインなんだと、いろいろなお話を聞きながら推測しています。経験が無ければ生まれてこないデザインです。

さすがにそのままでは細すぎなので、ミッドレングス風のアウトラインにトライプレーンのコンケーブボトムで、普通にも使えるデザインにアレンジしています。

一番上のシェイプ画像では、左側が上の画像のボードをベースにしたクラシックなアウトライン、右側が現代風にアレンジしたモダンなアウトラインです。違いはアウトラインのバランス。比べてみてください。

フィンはどちらもシングルフィン。画像のボードのレングスは、7’2”ですが、サイズはいろいろと作ることができます。ガンとは呼んでいますが、ミッドレングスとしても波が上がったときにクラシックな波乗りが楽しめそうです。


と、気が付けばこの方も同じようなコンセプトで、ニューモデルを作っていました。


クリス・クリステンソンのINVISIBLE POLICEMAN。アウトラインにボリュームを出していますが、このノーズのラインとテールの形は60年代終わりのミニガンのディテールに見ることができます。

クリステンソンはこのアウトラインで、HULLコンセプトにシェイプしているっていうんですから洒落てます。

ミニガンとニューフィッシュ、引き続きお楽しみに。

トライフィンのPRIMO、アップロードもう少しお待ちください。このボードも面白そう。


サーフボードは面白いですね。


Jock Sutherland, scenes from "Pacific Vibrations" from ENCYCLOPEDIA of SURFING videos on Vimeo.





この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!