MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3268] [3267] [3266] [3265] [3264] [3263] [3262] [3261] [3260] [3258] [3257]
寒いですよ、まじめに。

それでも波があれば、海に入らずにはいられません。

だからといって、寒いのには変わりはありません。なので、できるだけ寒く無く海の上で過ごせるように考える必要があります。

対策さえできていればこんな寒い日でも、海の上で寒空をながめながら結構なごめたりするものです。

そのためには…

1.ウェットスーツ
まずはここがきちんとしていないと寒いも暑いもありません。今はウェットでもスーツの中へ海水が入りにくくて暖かく、さらに動きやすいという良いウェットがいろいろとあります。ここ5~6年のあいだに大きく進歩したんじゃないか、というのが個人的な感想です。

ネックインタイプ、バックジップ、ノンジップなどいろんなスタイルがあります。保温性など機能的にはどれも遜色無いと思いますが、生地の厚さやウェットのスタイルなど、何が自分に合っていて、それをどう選ぶか?というのが問題になります。

詳しいことは、いつでもご相談に乗ります。


2.装備
いいウェットだけでは不十分です。私は3年くらい前から、真冬はブーツ、グローブ、ヘッドキャップのフル装備です(寒い地方の方々には常識だと思いますが…)

使ってみると、いままで寒さを我慢していたことに気が付きます。フル装備だと、寒くないと言うよりは、外の寒さから隔離されているような感覚になります。海から上がって、これから入ろうという人に「水冷たいですか?」と聞かれても、冷たかったどうか良くわからなかったことがあったのは本当です。

手、足、首、頭を保温していると身体は冷えにくいのです。

ストレスがほぼ無いヘッドキャップありますので、私と同じようにかぶりものが苦手な方も大丈夫です。首も保温できるし、サーファーズイヤーの予防にもなります。

グローブをしていれば、水が冷たくて手がかじかんで、ドルフィンでボードを離してしまうことも無くなります。ボードをしっかりとつかまなければいけない、浮力が大きめのオルタナティブ系のボードではグローブしているほうが絶対にいいです。

身体の保護にもなります。お若い方には関係ないかもしれませんが(笑)、寒いと感じると身体に力が入ってしまいます。グローブしていると肩が凝りません。ブーツは腰のお守りです。


今日みたいな寒い日でも、特に迷いなく海に入ろうという気にさせてくれます(そこまで出かけていくかどうかはまた別の話ですが…)

風も水も通さない、暖かいインナーもあります。

波待ちで身体震えていませんか?冬でも海の上でまったりしたければ、装備は大切です。

冬の海、寒い人は相談してください。



この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!