MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3351] [3350] [3349] [3348] [3347] [3346] [3345] [3344] [3343] [3342] [3341]

波、予想通り(?)ぜんぜん残りませんでした。でも、心配ご無用。じゅうぶん想定内です。

このとき、午前7時。引きいっぱいの午前11時には、潮位が数センチまで引く大潮まわり。もうすぐ急激に潮が動いてくるはずです。

このボード、こんなコンディションから楽しめます。後ろでちょこっと盛り上がっているやつでもうOKです。


目の前のポイントは潮が大きく引くと出来なくなるのは分かっているので、ウォームアップで2~3本乗ったら、大潮の引きでも楽しめる別のポイントへパドルで移動。

ちょっとだけ知っていることが多いと、楽しめるチャンスは増えます。そして、こういう日はしばらくの間は一人でできるということも知ってます。

波はスネ・ヒザ。それでも十分楽しいのは活さんのボードのおかげです。

久しぶりにこの赤いログ、堪能いたしました。

波の力が弱くても、浮力と重量でボードは進んでいきます。トリミングというのは、この浮力と重量を100%活かすための動きであると言ってもいいんじゃないかと思いました。

スピード感、グライド感、浮遊感、ヒザの波でもカラダをたっぷり使ってボードを操るので、満足感も大きいのが、小波+ログの面白さです。

このボトム、ノーズコンケーブは無しの全体的にゆるいラウンドボトム。これまで乗ったどのロングボードよりも滑り出しは速いです。

ノーズへ行かない(行けない)のなら、ノーズのコンケーブは邪魔なだけだし、無くてもノーズへは行けます。

こんなボトムの滑りの気持ちよさ、ノーズライダーばかりじゃなく、トリミングとクルージングのロングボードもあっていいと思います。

Kさんのしぶーい9’6” オンフィン、お待たせしました!







この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!