MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3493] [3492] [3491] [3490] [3489] [3488] [3487] [3486] [3485] [3484] [3482]

サーフグリップのストレスフリーフードが入荷しました。3ミリです。

数年前にサーフグリップから発売されたのですが、かぶりものが苦手だった私は発売以来の愛用者です。

私がかぶっているのは古いタイプ。昨年からサンバイザーが付いて、かっこよくなってます。

かぶったときにアゴや顔にストレスが少ないのはもちろんなのですが、暖かいのが一番です。風が冷たくてもほとんど感じません。首回りまでカバーするのでネックウォーマーにもなるし、首からの水の侵入もシャットアウトしてくれます。

海の上で脱ぎたいときには写真のように後ろへ脱ぐことができます。首は暖かで、首の防水になります。パーカーのフードみたいな感覚です。


同時にブーツ、グローブなので、冷たさを感じることはありません。防水性が高いウェットと組み合わせれば、南岸低気圧が抜けたあとの大きな波に巻かれても、海中で身体は冷たい海水から隔離されている感じです。大げさじゃなく、そんな感じです。

そんなに必要無いでしょという人もいますが、冷たさも寒さも感じずに海に浮かんでいられるのです。暖かい方が身体への負担も少ないと思います。暖かい方がいいんじゃないかといつも思いますが、まあ人の勝手です 笑。私はブーツ、グローブ、フードで快適なのでそれでいいと思っております。

北風ピューピューの海の上でもほっこり波待ちできるんです(実際、フードかぶっていると風の冷たさは感じません)

海の上で震えたくない人はちゃんと防寒対策やりましょう。

インナーは0.5㎜ラバーのこれがお勧めです。ラバーなので水は通しません。つまり暖かいです。

長袖もありますが、ネックインヤロングチェストジップなど腕回りに余裕があるウェットだったら大丈夫なのですが、普通のフィットのウェットではパドルの腕が回らなくなる(実験済みです)ので、ショートジョンタイプの方がおすすめです。

装備が増えるので、機能と動きやすさを考えた組み合わせが必要になってくると思います。寒さに耐えるのはつらいもの。快適で動きやすい装備を考えましょう。

ZEROのエアドーム、AXXE CLASSICのロングチェストジップ、ネックイン、アドバンストバックジップなど、動きやすくて暖かいウェットはいろいろあります。

冬の装備、ご相談ください。

サーフグリップ ストレスフリーフードはこちらからどうぞ。
http://www.menehune.on.arena.ne.jp/wet/boot.htm





この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!