MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3495] [3494] [3493] [3492] [3491] [3490] [3489] [3488] [3487] [3486] [3485]

今年の最右翼はやっぱりこのロングチェストジップです。ネックインスーツと同じスタイルで見頃に余裕があって動きやすく、首へのストレスが苦手な私にはうれしいモデル(カタログにはありませんが、ネックインスーツも引き続き作っています)

このロングチェストジップ、理屈としては隣にあるZEROのエアドームと同じなのです。見た目は違いますがコンセプトはとても似ていて、ジッパーレスかジッパーを使っているかの違いです(ZEROも首が楽で、動きにもストレスが無いのでお気に入りなのです)

私はいつも首、クビ、と言っているような気もしますが、人それぞれにウェットを選ぶ上でのポイントがあると思います。

なかには従来のスタイルのバックジップがやっぱりいいなあ、という方ももちろんおられます。

そういう方には、バックジップでも防水性が高くて動きやすいこれをお勧めしております。アドバンストバックジップ、つまり進化系バックジップです。


従来のバックジップは、ジッパー部と首からの浸水をブロックするのに背中と首にバリアネックを付けていました。

この進化系はそのバリアがさらに強力に進化した上に、肩回りの構造がパドルにストレスが少ない作りになっています。ネックインスタイルが登場したとき、厚手の生地のいままでのウェットよりも(ストレスが少ないので)1時間は長く波乗りができますと申しました。

この進化系バックジップもそれと同じ作りになってます。

そして、ラバーラバー(rubber lover)な方にはモモコシまで表にスキンを使用することができます。これはフツーの3ミリですが、これとほぼ同じです。


つまり昔ながらのウェットのスタイルと、いまどきのウェットの動きやすさと暖かさの両方を兼ね備えているのです。

新しものばっかりになって、ついついご紹介がおろそかになってしまいがちなのですが、バックジップにも進化系の波が押し寄せておるのです。

うちではウェットスーツは、ZERO、AXXE CLASSIC、AIDENTIFY、STEAMERの4メーカーを扱っていますが、それぞれに特徴があるのです。

何が自分にあっているのか、いまひとつ迷っちゃって…という方はいつでもご相談ください。サーフボードと同じく、ウェットスーツも面白いのです。

今週末はもう12月なので、出来上がりは年明け早々になってしまうこともありますが、本格的な寒さのシーズンにはまだ間に合います。いずれにしてもこれからの季節にかならず必要になる真冬用のウェットスーツ、お早めにご相談ください。


今日の懐メロはこれで。邦楽もいいでしょ。









この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!