MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
4 6 7
11 13 15
20 22
24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(09/23)
(09/12)
無題(返信済)
(08/22)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
54
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3680] [3679] [3678] [3677] [3676] [3675] [3674] [3673] [3672] [3671] [3670]

8月15日、夕刻の長崎市。街のあちらこちらから聞こえはじめるのは、爆竹が破裂する音とカーン、カーンという独特の響きの鉦(かね)の音。お盆の長崎と花火は切っても切れない関係です。

長崎ではご先祖さまの御霊を迎える迎え火として、自宅とお墓に提灯を立てます。文字が金色なのも長崎です。うちは違いますが、墓石の上に十字架がついたカソリックのお墓が多いのも長崎ならではかと。


墓に提灯を立て、花火をやります。爆竹、ロケット花火、打ち上げ花火、なんでもありで、とにかく賑やかです。私も子供の頃よくやりました。お盆の楽しみでした。

コンビニのレジ横の墓参りグッズコーナーはこんな感じ。線香にろうそく、ライター、それに爆竹です。長崎に住んでいるあいだは、墓で花火をするのは当たり前だと思ってましたが、どうやら長崎だけみたいですね 笑。


昔よりも少なくはなりましたが、花火専門店も店を出します。何十万分も買っていく方もいます。花火屋さんは大賑わいです。


それが一番盛り上がるのが、15日の夜に行われる「精霊流し(しょうろうながし)」です。明るいうちから、バリバリ、カンカンとにぎやかに始まります。


「にぎやかに」なんて書いていますが、爆竹の音はおそらくみなさんの想像のはるか上を行っていると思います。

たとえて言うなら、どしゃぶりの雨がトタン張りの屋根に当たる音です。どしゃぶりが少しおさまって小降りになったかと思うと、またすぐにどしゃぶりです。それが、夕方から夜中までずーっとです。半端でない消費量です。

長崎では、そうやって初盆で戻ってきた御霊(みたま)を盆送りします。

母も今年が初盆でした。原爆死没者の名簿が一番奥の棚に収められています。母の名前もここに入りました。


54年生きて来て思うのは、物事は常に流れていて、一刻たりとも止まらず変化し続けているんだなあということ。当たり前のことですが、そういう思いが強くなったと思います。54年間って結構長いんだと思いました。

という訳で、今日からいつもどおりに営業してます。よろしくお願いします。


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!