MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
4 6 7
11 13 15
20 22
24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(09/23)
(09/12)
無題(返信済)
(08/22)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
54
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3690] [3689] [3688] [3687] [3686] [3685] [3684] [3683] [3682] [3681] [3680]

カツカワミナミサーフボードのトライフィンで使っているフィンです。バース幅は狭め。普通なら先端へ近づくにしたがって幅は狭くなっていきますが、このフィンはティップ近くまでボリュームがあります。

その独特の形状から、バナナトライと呼んでいます。80年代から使っている川南活さんのオリジナルテンプレットです。

正直、トライフィンのボードはあまり乗っていません。使ったのは、ニーボードとスタンディングはOKIDOKIだけです。それでもニーボードでは、セッティングを確かめるため、バナナトライの他に二種類のトライフィンを購入して試しています。

それで最終的に一番気に入ったのが、このバナナフィンです。

他との違いはというと、一番はカービングです。バナナトライが一番。ベースは狭くても、先端近くまで幅を持たせてあるからだと思います。ニーボードは特にテールからノーズまでフルレールで体重載せられちゃうのですが、ボードを傾けてターンしているときのホールド感がしっかりしていて、スピードもキープしてくれます。

ダウンザラインでもしっかりホールドしてくれて、スピードが出る感覚がありました。OKIDOKIでは加速感がすごかったです(OKIDOKIはグラスオンで、バナナしか使ってませんが…)

いわゆるスラスターのショートボードでは、どうなるか分かりません。先端のボリュームが波のトップでのアクションには邪魔になるかもしれません。ホットマンゴーのようなダウンザライン系のボードとの相性が良いと思います。

バナナトライ、他には無いカタチです。カツさんのボードは、スピードが出ると言われますが、それぞれのパーツにも理由があるのだと思います。

カスタムオーダーのプリモが出来上がりました。私のオススメ(笑)の8’4”です。




プリモにももちろんオリジナルテンプレットのプリモフィンが付いてきます。フィンのベストプレイスにマジックでマークしときました。サーフボードは、ここまでやって完成です。

フィンは大事です。おろそかにしてはいけません。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!