MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1
6 8
15 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(11/07)
(11/05)
無題(返信済)
(11/03)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
54
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3734] [3733] [3732] [3731] [3730] [3729] [3728] [3727] [3726] [3725] [3724]
2017年の春から乗り始めた、活さんのフィッシュ。BONITAと呼んでいるモデルです。最初のボードは、一番手前のピンク色の5’8”。


5’8”に乗っているうちにだんだんと、これは5’6”でもイケそうだなあと感じてきて今の5’6”を作っていただきました。5’6”は前々回で書いたとおり、bar of soapでした。ロングボードや8’4”のプリモ(これもロングかしらね)、6’8”くらいのエッグなんかとくらべると、乗れる本数は減りますが、それでもかなり楽しい。

本当のことを言いますと、この小さなフィッシュで楽しめる自分に驚いています。じわりとくる嬉しさをかみしめているのです 笑。

できる人には別に普通なことだと思いますが、自分のこれまでの遍歴は自身が一番良く知っていますから、それらを思うと、できないことでも「あきらめないでしっかりと取り組めば、なんとかなるもんだ」と、この年齢になって実感しています。

もともとショートボードの経験はありませんでしたが、昨日のブログの頃(2000年の初め頃)はロングボードから乗り換えた、クリステンソンの5’10”のフィッシュに普通に乗っていました。

それがいつのまにやらだんだんと厳しくなってきて、もうロングボードか短くしても6’8”くらいまでしか乗れないのかなあと考え始めたのが4~5年前(ブギーだけは、6’0でも問題なしでしたが)。

それでもあきらめきれずに乗り始めたのが、MINI QUADというモデルでした。コレです

これが結構楽しかったのですが、あるときふとしたことからいただいたアドバイスで自分の良くないクセに気が付いたら、さらに楽しめるようになってきました。

そこでいろんなことをイチから、いえゼロから見直して改めて短いボードに取り組み始めたのが2年前の春です。

テイクオフのときの体重の載せ方、ボードの上に立ち上がる練習(足の引き込み方や体重の配分など)、ミッドレングスやロングボードでは簡単にできていることをどう意識を変えて応用するかなどなど、海上、陸上を問わず考えました。

それだけでなく、増えた体重を落とし(今も63㎏台をキープしてます)、酒も止めました(酒は最近、うまく楽しめるようになってきましたが、それはまた別の機会に書いてみます)


ご同輩にはお分かりいただけると思います(お若い方はもう少し先で実感されるかと)が、身体の衰えは加齢とともに進んでいるのは強く実感しています。それでも自分には何が必要なのかを考えて取り組めば、それに逆らって多少の進歩はできるものだと実感しています。

小さなフィッシュで楽しめているということもありますが、何よりも「やればできるじゃん」というのが一番嬉しいポイントなのです。


年取ったからとか、ロングボードしかやってないから、などと理由をつけてあきらめずに、ちょっとずつでも取り組んでいけば、そのうちなんとかなるもんです(植木等か…笑。シリアスっぽく書いてますが、そのくらいの気持ちでやってますので。)


私のそういう取り組みをまとめたカテゴリーが、「ロングボードとオルタナティブ 意識を変えるポイント 」です。


海の中では考えるよりも、楽しみましょう。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!