MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3806] [3805] [3804] [3803] [3802] [3801] [3800] [3799] [3798] [3797] [3796]


8'4"のプリモのワックスを落としてきれいにしてあげました。三年ちょっと使っていて、出番はおそらく一番多かったボードです。デッキをへこまさない私ですが、さすがにへこみは付いています。でも、ちょっとだけです。乗った年数と回数を考えるとやっぱりへこみは少ないと思います。

へこんでいるのは前足を乗せているところが一番多くて(画像のボードの真ん中あたり)、後ろ足の部分は左右のレール側にかたよってへこみが付いています。へこみの間隔はちょうど自分のスタンス(せまめです)と同じくらいです。

このボード、スタンスの位置以外に乗るのは、ノーズを下へ向けるためにウォーキングでちょっと前へ出るときくらいです。それ以外のときの前足はだいたい同じ位置に置いてスピードコントロールもターンもしていると思います。

そしてその前足で付けたへこみは、25センチくらいの範囲にわたって付いています。微妙に前後しているからです。

微妙に前よりに足を乗せている場所がトリムスポットだと思います。ターンさせているときよりほんのちょっとだけ前足を前方へずらして体重を乗せ、後ろ足はそれに近づけて、両足は揃え気味で滑らせます。

ほんの少し足を前にずらすだけで、一番スピードが出るポジションに加重できてしまうのもこのプリモの調子よさの理由のひとつじゃないかと思います。

後ろ足でつけたと思われるへこみは、左右のレールに近い位置についているので、おそらくはプルアウトのときに付いたのだと思います。ターンのときに踏む位置じゃありません。

それから、へこみの位置とボードの厚みのバランスと比べてみるのも面白いです。

前足を付いている位置の前後が、ボードの最大厚の部分です。その位置で、加速できてボードコントロールも出来ているということです。

材料のブランクスの長さや、ボリュームのバランスとの関係を考えるのも、いろいろと面白い考察が得られそうで面白そうです。活さんのボードはボリュームを感じるシェイプが多いですが、そういうところに調子がいい秘密が隠されているのだと思います。

そのタネあかしが、このボードのフットマークの位置かもしれませんね。新しい8フィートのプリモではどんな風にデッキがへこむのか、妙なところに楽しみができてしまいました。




この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!