MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3892] [3891] [3890] [3889] [3888] [3887] [3886] [3885] [3884] [3883] [3882]
波を滑ることが好きです。道具は、パイポ(木製のボディボード)から始まって、エアマット、ニーボード、フィッシュにシングルフィン、ロングボードなどいろいろです。

使っている道具に共通していることは、マニューバを助けるパーツやデザインは最小限だということ。直進性が高いフィン、そしてレールとそれに付随して付けられているエッジくらい。ターンを助けるサイドフィンが付いているのはニーボードだけ。他にはどうも馴染みません。

ゆえにマニューバも最小限の動きだけ。

波の斜面をできるだけスピードを付けて、もしくはなめらかに、抵抗をできるだけ感じないでただすべって行くのが好きなのです。

小さく薄いボードで、波の上を飛び回るようなサーフィンをしたい人たちから見れば、何もしていないように見えると思います。

その通りです。何もしていません。

でも、感じていることはたくさんあります。ボトムを流れている水の感触、波に入っているレールの浮力。抵抗は少ない方がいいので、フィンは小さくなっていきます。

方向を変えるときはフィンではなくて、左右のレールを入れ替えることでターンします。動きは鈍いですが、波のパワーゾーンをキープできればそれでいいのです。



 初めて波をつかまえて(つかまって?)自分が乗ったサーフボードが水の上を滑り出したときの気持ち良さ、爽快感、覚えてますか?

波乗りにはさまざなテクニック(技術)や技みたいなものがありますが、ベースにあるのは波を滑っているときのあの気持ち良さです。ブレていないというか進化していないというのか、それは不明です。

海という自然の中にパドルで出て行って、自然が作りだした波をパドルでつかまえて、波の力をうまく使い滑っていくのがサーフィンです。動力は何もなく、自然のエネルギーだけで進んでいきます。

何もしないでただ波を滑っていくことは、自然の中で遊ぶことの楽しさ。道具フェチはまた別の話ですが(笑)そこのところだけは変わらないのです。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!