MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
5 7
14 16
19 21 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(11/10)
(11/09)
お大事に(返信済)
(11/02)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3899] [3898] [3896] [3895] [3894] [3893] [3892] [3891] [3890] [3889] [3888]
昔、カリフォルニアをうろついていて手に入れたものがショップにいろいろとあります。古いもの、いわゆるサーフメモラビリアというやつですが、波乗りの歴史上でそれなりに価値があるものっだったりするのかもしれません。

これもそのひとつ、HOBIE SURFBOARDSのプライスリスト。サーフボードの価格表です。


1964年5月1日まで有効と書いてあります。1964年というと自分が生まれた年です。昭和39年のカリフォルニアのサーフボード事情ということです。

今と同じで、まずはボードの長さでベースになる価格が決まってきます。自分がいつも作っているサイズの9’6”なら$135です。

意外とサイズ分けが細かくて、9’7”~9’9”は$137、9’10”~10’4”は$140と小刻みに上がっていっていて、当時の1ドルの価値がなんとなく分かります。

面白いのはレングスの設定が、7フィート以下からあることです。7フィートまでは、$115となっているのですが、ロングボードの時代の1964年に7フィート以下のボードというのはいったい?という疑問がわいてきます。

思いつくのは、ベリーボードかニーボードくらい。それとも子供用か?これより2年ほど前に日本に来て赤提で波乗りしていたピーティー・ジョンソンは小さいPIGに乗ってたし、そういうのもあったのかもしれません。

このころのHOBIEといえばフィル・エドワーズですが、フィル・エドワーズモデルは9フィートからで、それぞれ$15くらいずつアップいたします、ということになってます。シグネチャーモデルですね。

これらの価格に含まれるものは、高密度発泡のフォーム、10オンスクロスのグラッシング、1インチのバルサまたは、3/4インチのレッドウッドストリンガー、マホガニーもしくはグラス製のフィンで仕上げはクリアとなってます。

それにカラーやストライプのオプションや、ストリンガーをもっと凝りたい人向けのオプションがいろいろと書かれています。

ロングボードに関していえば、クラシック系の人たちは今も昔もそんなに変わっていません。やってることは同じだと思うとなにやら嬉しくなってしまう単純な私です。

10オンスクロスだけは、腰痛が悪化しそうなのでご容赦願いたいですが、この当時のカリフォルニアでサーフボードをオーダーしてみたいものだと思います。

ドラエモンなら連れていってくれるか。

KOOKSのMOOKSが、ベルジーのショップにオーダーしたボードを取りに来て…。


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!