MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3908] [3907] [3906] [3905] [3904] [3903] [3902] [3901] [3900] [3899] [3898]
何を好き好んで、せっかく進化してきたサーフボードのテクノロジーと逆行するようなモノを作っているのだろうかと思います。

いつの時代だと思うかもしれませんが、昨年の写真です。


60年代のサーフィンムービーを見て、これかっこいいじゃんと波乗りをはじめた自分にとって、この光景はごく自然なことなのですが、現代の材料を使って古いものを作り出すという作業にはそれなりの大変さもありました。

おかげで反面教師と言ったらおかしいですが、逆行することによって見えてきたものもいろいろとあります。

今作っていただいているPIGで、一応の終着点へはたどり着くだろうと考えています。早く海で試してみたくて、出来上がる前からうずうずしていいますが、その一方でいままでとは逆の方向にも興味がわいてきています。

いろんなアイデアがあります。ありすぎて困っているくらいですが、まずはこれを作って乗ってみようと考えているボードのポイントとしているパートはロッカーです。

いまのPIGのフラットなロッカーのテール側に、自然なカーブでロッカーを持たせたボードを考えております。ボトムとレールのシェイプも少しモダンな感じです。フィンはやっぱりグラスオンのつもりですが、しばしDフィンを離れます。

ノーズ、センター、テールのサイズ(つまりアウトライン)はPIGで学んだものを活かせるかと思っています。

あくまでもクラシックボードの範囲でのお話ですが、(PIGという)いわば先祖返りすることによって見えてきたものたちです。

それからこういうやつも、ロッカー(に伴ってボトムも)変えてもう一度試してみようと思っています。












この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!