MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
2
9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(07/06)
無題(返信済)
(06/08)
無題(返信済)
(06/07)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3933] [3932] [3931] [3930] [3929] [3928] [3927] [3926] [3925] [3924] [3923]
お知らせ:7月30日(火)はお休みいたします。よろしくお願いいたします。お盆期間中の営業予定はこちらをご覧ください。http://www.menehune.on.arena.ne.jp/infomation/schedule.htm

ネットでこんな動画を見つけました。マーク・マーティンソンです。動画を貼り付けられないので、リンクを貼っておきます。マーク・マーティンソン動画


マーク・マーティンソンは60年代のロングボードの映像に登場するサーファーの中で、好きなサーファーのひとりです。理由は動画を見ていただければ分かると思います。パワフルですがスムースで、スタイリッシュ。

徴兵から逃げていたので、大会などでの表立っての活躍は控えめですが、映画にはしっかり出ていたりします。

個人的に好きなのは、グレッグ・マクギリブレイとジム・フリーマンの名作、FREE&EASYのシーンです。マウイのウィンドミルズというポイントでのサーフィンでハービー・フレッチャーと二人で3ストリンガーのボードで波に乗るシーンが最高にかっこいいのです。

私の中でマーク・マーティンソンがリアルタイムで登場したのは、90年代のロングボードリバイバルのときです。以前ご紹介したウィング・ナットのビデオ、ART OF LONGBOARDのパート2で登場します。

当時は若手だった吉川裕二プロらがマーク・マーティンソンが住んでいる南米へとトリップに行くシーンで登場しています。お腹はすっかり出ていますが、ぶ厚い胸板は健在で、プロたちに混じって一番目立つサーフィンをしていました。

かっこいいおっちゃんだな~と、そこから60年代へさかのぼったわけです。

まだまだあります。

以前、所有していたこのハーバーのVEEボトムのヴィンテージボード。これをシェイプしたのも、マーク・マーティンソンです。(上の動画でも、ハーバーの赤いVEEボトムに乗ってますね)


「FREE&EASY」も「ART OF LONGBOARD」も見る価値がある作品ですが、今では見ることが難しくなっています(両方ともVHSで持っていますが、デッキが壊れて見られません)

そういうものたちは、見ることができなくても作品として記憶に残っています。ネットで流れてくるショートクリップに喜んでいるだけでは、いまの時代は後世へは残っていかないのかもしれませんね。

マーク・マーティンソンの動画から、そんなことまで考えてしまいました。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!