MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3941] [3940] [3939] [3938] [3937] [3936] [3935] [3934] [3933] [3932] [3931]

ポイントノーズからセンター付近をパラレル気味に通過して、ラウンドピンテールへとつながる、きれいな流線形をしたアウトラインです。乗り手の意思を、波の上にスムースなラインで再現してくれる形です。

フィンはシングル。ノーズ方向から流れてくる水の流れをできるだけ妨げず、テールを支えてボードを前へと、スピードをロスすることなく滑らせます。

シングルフィンの重要なパートであるレールは、少し手が込んだ作りになっています。

レールのトップはボトムのロッカーよりも高い位置にあって、よりストレートなロッカーでテールエリアのエッジへとつながっていきます。ストレートなロッカーはスピード、そして二つのロッカーがつながる部分が、レールでのコントロール性を高めていると考えています。

ボトムにVEEはありません。テールのVEEで回転性を持たせる代わりに、エッジが効いているテールで水の流れをつかまえてコントロールします。

VEEの代わりにサーフボードにロールをもたらすのが、ボトムよりも少し高い位置にあるレールトップです。実際に波の上を滑らせてみるとレールの感触はソフトですが、とてもスムースでスピードを感じると思います。

シンプルなシングルフィンですが、レールとエッジ、ボトムのコンケーブの組み合わせでシングルフィンとは思えない動きをしてくれます。もちろんシングルフィンのスピードです。

レールが働いてくれると、今度はフィンの役割が良くわかるようになってきます。過去ブログです。

プリモは、7フィート代で作り始めたモデルですが、下は6フィート8インチから8フィート代、そして9フィートオーバーのロングボードのサイズで作ります。もちろんシングルフィンです。

オリジナルの7フィート3インチもいいのですが、ロンガーさんへのモストレコメンドは8フィート4インチ。ちょっと新しい感覚のロングを探しているんだけど~、なんていう方にはばっちりです。

画像のプリモは、7フィート11インチ。

明日からお盆休みという方、多いと思います。MENEHUNE BEACH STOREのお盆中の休みは12日と14日で、15日は定休です。あとは通常通りやってますのでプリモ見に来てください(他にもいろいろあります)。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!