MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3947] [3946] [3945] [3944] [3943] [3942] [3941] [3940] [3939] [3938] [3937]
一昨日、昨日に続いて今日も雲行きが怪しくなってきました。今日もひと雨きそうです。夏の海で一日遊んだ夕方、肌にガサガサとして馴染まない着替えたばかりのシャツに海の潮と日焼けを感じながら、縁側でスイカを食べていると遠雷が聞こえ、涼しい風といっしょにあたりは急に暗くなって大粒の雨が乾いた地面にボタボタっとくる瞬間。

夕立ちというと勝手にそんな夏のイメージを思い浮かべてしまうのですが、あのボタボタっとくる瞬間が結構好きだったりします。そして稲光と雷鳴です。ピカッと光った後、空が割れるような雷名がいつくるかとワクワクしてしまいます。

縁側でスイカを食べているときだったらそんな感じで楽しめる夕立ちとカミナリですが、これが海の上で波待ちしているときだったらもう最悪です。

ご存じだとは思いますが、遠くにでも雷の音が聞こえたら海からは速やかに撤退です。まだ遠いなんていうのは通用しません。遠くから落雷することもあります。ラバーのウェット着ていても、金属製品を身に着けていなくたって関係ありません。過去に事故は実際に起きています。

どんなに良い波でも命には代えられません。波はまた来ますが命はひとつです。

海から上がったどうするかというと、濡れた砂浜には留まらずに避難できる建物があればその中へ、無ければ車の中へ避難(車の中は安全と言われています。木の下はダメですよ。)して、雷雲が通り過ぎるまで待ちましょう。

波乗りは登山なんかと同じで、アウトドアのスポーツです。岸がすぐそこに見えてはいても、登山で山の中にいるのと同じです。自然というフィールドに出ているのですから、様々な自然現象に対処する知識は必要です。

ユーズドのBONITAが入荷しました。5’8”です。


MENEHUNE BEACH STORE ウェブサイトご覧ください。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!