MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
2 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(06/08)
無題(返信済)
(06/07)
T-shirts希望(返信済)
(05/31)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3949] [3948] [3947] [3946] [3945] [3944] [3943] [3942] [3941] [3940] [3939]

シングルフィンのプリモと並ぶミッドレングスのOKIDOKIはトライフィンのモデル。ほぼシェイプ完成の図です。7’7”でオーダーいただきました。

OKIDOKI(オキドキ)は歴史があるモデルです。これは2003年の写真。16年前です。LET IT ROLLの映像に出てくるフランスのギタリーで乗っているのがこのOKIDOKI 8’4”です。


OKIDOKIの歴史は、活さんが南の島に住んでいた頃までさかのぼります。その当時に乗っていた、お気に入りの一本にあったのが8フィート代のトライフィンで、それを再現したのがOKIDOKIというモデルです。

ロッカーがしっかりと入って、ワイドは若干細め(下の赤いOKIDOKIは8’4”で、幅は21”1/2です)で、パフォーマンスタイプのミッドレングスと言えます。パフォーマンスタイプのロングボードもそうですが、普段の波でも使え、波のサイズが上がっても速いテイクオフからガンのような使い方ができます(映像では活さんが大きい波に乗っています)。


8’4”をそのまま9フィートまでストレッチすれば、パフォーマンスロングボードにもなりますし、サイズ(幅)や重量を調節することでオールラウンドタイプのロングボードにもなります。フィンはトライ、シングルスタビどちらでもOKですし、クアッドも面白いと思います。

8’4”のプリモと同様に、8’4”のOKIDOKIはかなり楽しいと思います。大会に出るなら別ですが、8’4”はロングボードに負けずにテイクオフが速く、9フィートよりもずっと軽く振り回せるサイズです。

以前、7’7”のOKIDOKIに乗っていました。シングルフィンばかり乗っていたので、最初は手こずりましたがトライに慣れると当たり前ですが動きが違います。

波のフェイスで踏み込んだときの加速感は瞬間移動(笑)、ターンはスピードをキープしたままホールドしてくれます。シングルは抵抗が無いスムースさが好きなのですが、トライフィンにはマニューバする面白さがあります。

いまどきのミッドレングスというと、シングルフィンというイメージがありますが、もっとマニューバしたい向きにはトライフィンのOKIDOKIは良いと思います。


私は8’4”がいいな。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!