MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[4015] [4014] [4013] [4012] [4011] [4010] [4009] [4008] [4007] [4006] [4005]

朝6時。強い南風が北(オフショア)に変わって、まだそれほど時間が経っていなさそうな海です。インサイドはジャンク気味ですが、ときおりアウトで崩れるセットは悪くなさそうに見えます。レフトへ行けそうですが誰も入っていないし、かなり沖で崩れていてサイズは不明。

とりあえず入ってみようと、カレントからパドルアウトしてみたらあっという間に沖に流されました。すごい流れです。

ボードは8フィートのプリモ。


この辺かなあとパドルをやめて振り返ってみたら、岸ははるか遠く…というのは大げさですが、こんな沖で割れるのかいな?と思ったらいきなりセット。こんな沖で割れるみたいです。

久しぶりにフェイスをアップしながら途中で裏返ってリップを突き抜けるローリングスルーやりました。セットは結構サイズあります。

もうちょっとだけ沖に出て独りで波待ち。インサイドがジャンクなせいか、入ってくる人は少ない。岸寄りにショートボードが二人見えます。幸い横方向のカレントはそんなに強くなさそうです。

風の影響が残っていましたが、選べばけっこう良い波です。サイズもそこそこあります。何本か乗って、戻る途中に見ていたらレギュラーの方が良さそうだったのでそちらへ移動。西うねりのときのブレイクです。

岸から見ていたときには全く分かりませんでしたが、冬の低気圧の西うねりでサイズアップしたときのきれいなレギュラー波です。シーズン最初。しかも一人きり。セットを捕まえれば岸近くまで乗っていくことができて、沖へ戻るのはカレントのおかげであっという間。

プリモが本領発揮で、かなり面白かったです。波のフェイスを走るスピードと滑走感、ターンさせようとするととたんにレールがガツっと効きはじめます。

潮が上げてきたのか、波のサイズが落ちてきたのかセットが来なくなったと思ったら人も増え始めてきたので、インサイドで短いボードでやろうと車に戻ったら、いつのまにか二時間が経過していました。

6’8”のフィッシュかニーボードにするか迷いましたが、フィンを試してみたかったのでニーボードでやることに。

試してみたかったのはブレードの硬さと形での違いです。右がプロマカプウ、左は以前使っていたレドリーフィン。レドリーフィンのほうが硬いのです。


マカプウが比較的柔らかめなせいもありますが、久しぶりに履いてみたらレドリーフィンが硬いこと。硬すぎです。以前はずっとこれでやっていたのです。マカプウのしなやかさは、脚がそのまま伸びたような一体感があります。

硬さよりも本当は形が気になっていたのですが、硬さで違いがありすぎて形の違いは分かりませんでした。別の方法を考えたほうが良さそうです。

とりあえずはプリモ8’0、かなり楽しかったです。



この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!