MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[520] [519] [518] [517] [516] [515] [514] [513] [512] [511] [510]
今日はヴィンテージスケートボードのご紹介。いろんな物があります。一度整理しなくちゃ。

ブルース・ブラウンの60年代に撮影された古いサーフィン映画に登場するホビースケートチームが使っていたのがこのHOBIE SUPER SURFERです。すでにスケートボードというカテゴリーが確立されて、ローラースケートからの転用っぽかったスティールのウィールではなくクレイウィールが取り付けられています。

もともとスケートボードはローラースケートのスティールのウィール(これも今はありませんね)を外して、一枚板に取り付けて陸上でサーフィンみたいに遊ぶために作られました。古い雑誌を見ているとスケートボードの作り方なんていうのが出ていて、サーファーっていろんな新しい遊びを作り出していたんだなーと感心させられます。

探してみたら見つかりました。


スティール製ではトラクションなど期待できるはずもなく、きっとみんな滑って転んでいたと思います。それで滑らないクレイ製のウィールが使われるようになったのですがこれがまた危険。路面の小石一つでウィールは引っかかって急ストップ。乗り手はすっ飛びます(経験済み…)映画DOG TOWNを見てもわかりますが、ウレタン製のウィールが登場しなければ今のスケートボードもなかったのかもしれません。最初のウレタンウィールの滑り心地はまさに’キャディラック’だったに違いありません。

ちなみにこのSUPER SURFER、当時はこの長さの違う2本のほかに樹脂製のデッキを使った3本のラインアップがありました。かなり探したのですが樹脂デッキは入手できませんでした。ダナポイントのホビーのお店にディスプレイされてたなあ~。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!