MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[517] [516] [515] [514] [513] [512] [511] [510] [509] [508] [507]
昨日はどう考えても波は無さそうだったので、朝洗濯をしてからボードファクトリーへ新年のご挨拶を兼ねてリペアのボードをお願いに行ってきました。ちょうど来ていた平塚のMO3 STOREのケンモチ氏と情報交換(ただの雑談)。まだマッタリしているかと思っていたら、カツさんはもうバリバリシェイピング。お知り合いがハワイへ行くので、それに間に合うようにとホットマンゴーをシェイプしていました。波乗り復活したし私の短い5フィンプロジェクトもそろそろ再開しますのでお楽しみに。

そんな感じで昼飯をみんなで食べて帰宅。晩飯の下ごしらえをしてシャワーを浴びて、落ち着いたところでビールの栓を開けてDVD鑑賞。

届いたばかりのテリー・フィッツジェラルドのDVD。ジョエルやカイルの父親譲りのサーフィンはパワフルで、トライ、シングル、ドリフタどんなボードに乗ってもいても思わず引き込まれてしまいます。テクニックはもちろんなのですが、フィッツジェラルドファミリーのDNAにはスピードとラインの太いサーフィンがしっかり刷り込まれているようです。

彼らの波乗りを見ていて、自分が大きく反応しているのを感じるのはトライフィンよりもシングルフィンやドリフタに乗っている映像のときです。テリー・フィッツジェラルドのJ-BAYでのサーフィン。波を滑り降りて高速ボトムターン。波のトップで板をボトムに返す瞬間の無重力感からのダウンザライン。波乗りの一番楽しいところってあのときの感覚だと思います。

リッッピングやカットバックがかっこよく決まったり、ノーズにぴたりと両足をそろえて乗れたときの感覚も気持ち良いのですが、波を繰り返し求めてしまうのはやっぱり波を滑り降りるときのシンプルな気持ちよさだと思います。小さい波だってその感覚は十分楽しめるし、ボードの長さに関係なく味わえる素晴らしい感覚です。

映像をみたり、こんなことを考えたりしているだけでもワクワクしてしまいます。波乗りっていいですね。そんな気持ちにさせてくれるフィッツジェラルドファミリーに感謝です。それからやっぱり自分はフィン3つよりも1つや2つ(4つや5つも…)が好きなんだとあらためて実感させてもらいました。波乗りしたいよ~。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!